健康法

ほぐしてもいい凝り、悪い凝り

次の日コリが戻るのは、身体に問題があるのではなく、マッサージの方法が間違っているということを認識する必要があるようです。

確かに、筋肉は背骨を中心にして左右で、コリや張り方がことなります。しかし、ここで大事なのはコリや張りを機械的にもみほぐす事ではなく、なぜコリや張りが出来たのかという根本原因を突き止めないと、根本的な肩こり・頭痛の改善は難しいということです。

筋肉の張りやコリには理由があります。ほぐしていいコリとほぐしてはいけないコというのもあるのです。ほぐしてはいけないコリを無理にほぐしてしまうと、さらに強いコリとなって戻って来ます。

筋肉の弱い部分を硬くして、支える手助けをしている「コリ」もあるということです。例えば細いスラッとした首の女性が、一日中事務仕事などで座っていれば、重力に対して頭を支えななければならない為に首の筋肉を硬くして支えようと、筋肉は働きます。

首が凝る、肩が凝るという状態は、疲労という意味が強いですが、硬くして支えるという側面もあるということです。

Follow me!