施術について

遠隔施術の実際

東京の方からたまに来院される方がいらっしゃいました。最初は娘さんが来院されました。当院の施術の効果を実感された娘さんがお母様をご紹介くださいました。通算で3年半ほど遠方から通われました。

腰があまり良くなく、完璧に良くなるところまでいかないので、娘さんのところに来られたとき時間の都合がつくといらっしゃいました。近所の整体院にも通ったとのことですが、帰宅途中でまた痛くなるほど施術の持ちが良くなかったそうです。

当院へ通われてからは、ある程度いい状態が持続するようになって信頼をいただき、ご家族や親戚の方々も、ギックリ腰などのときに、遠方にも関わらず、治療に来られたこともありました。

間隔が空くときは半年ぶりのこともありました。その時は、立っているだけでも腰がズーンと重く、少し動くとズキンという感じで、結構辛い状態のようでしたが、1回の施術でほぼ痛み、重さ、骨盤の歪みは解消しました。

ところが、翌日朝、電話がかかってきて「また、同じような感じで痛み出した」と言われたことがありました。それで片道2時間かけて来ていただきました。施術後は、日常動作は問題ないくらいまで回復されたのですが、本人が以前ほどの安定感が感じられないせいか、また痛みだしたらどうしようと、心配されていたので「遠隔施術という方法があるが、どですか?」と聞いてみました。

聞いたことはあるとのことでしたが、半信半疑のようです。でも、「楽になれれば何でもいい」という女性の現実的な判断で、もし、帰宅後、また痛みだしたら連絡するということにしてもらいました。

夕食を終えてテレビを見ていたら、その方からの電話。ああ、また痛みだしたのか、と思ったらその通りだったので、「遠隔施術をしてみましょう」ということで、いったん電話を切りました。

10分ほど遠隔を続けていたら、また電話がかかってきて、「ズキンズキンしていたのが、だいぶ痛みが和らいできた」とのことで、何とか役目を果たすことができたようで、ほっとしました。

でも、本当に遠隔施術のせいで痛みが和らいだかは、まだ半信半疑のようでしたが、時間をきっちり打ち合わせしてから遠隔を始めて、効果が感じられたら電話をください、という打ち合わせ通りに遠隔中に電話がかかってきたので、遠隔が役割を果たしたことは確かだと思いました。

相手(クライアントさん)に黙って遠隔施術する整体師もいるようですが、効果測定を確実にするためと、やはり遠隔とはいえ、他人の身体を操作し刺激するわけですから、相手の許可を得ることはしたほうがいいと思っています。

敏感な人だと、勝手に遠隔施術されたり、何らかの方法で潜在意識にアクセスされたりすると、感じ取れることがあるようなので、その意味からも同意と許可は必要だと思います。

遠隔だと空間と時間の制限を受けないとのことですが、知り合いならともかく、仕事上のクライアントさんを真剣に施術する場合は、やはり効果を確実にしたいので、時間省略のようなことはせず、実際に施術していると同じ時間と間合い、呼吸で施術しました。人形などの小道具は使わず、全てイメージで行いました。

遠隔施術が科学的に説明できるかと問われれば、Noといわざるを得ませんが、実際に行う者としては、その効果は否定できません。胡散臭く思う人の方が多いと思うので、必要性と理解が得られる人にしかしませんが。

イメージで施術する

アトピーの皮膚の炎症が、見た目にもかなりきれいになった患者さんがいたので、症例集用のブログで紹介したせいか、アトピーを治して欲しいという14歳の女性(というより女の子という感じ)患者さんが通院しています。

自律反応チェックで、アトピーが僕の施術で改善すると出ましたが、少し心配なので、先輩の整体師のアドバイスをいただいたり、自分でも調べたりして、食生活や生活習慣、有効(そうな)サプリも紹介しました。

その甲斐あってか、アトピーが軽くなってきたとのお言葉を、母上からいただきました。

それ以外にも、膝の高さが2~3センチも違っているのが気になっていたが、それでどこか痛むこともないので、特にそれだけの矯正施術はしなかったが、先日、ちょっと高さが違い過ぎなのが気になりだしたのです。

たぶん、腸骨の上方転移が原因ではないかと推測し、腰椎をゆすっているときに、イメージで腸骨の修正を試みました。

結果は自分でも驚くべきものでした!膝はほぼそろっていました!特に膝の高さを修正する手技は加えてないにも関わらず、数センチのズレが揃ったのです。

やはり、体は力より施術者のイメージで(も)動くのだと思いました。

ちなみに、私の場合は、患者さんに、体の状態は説明するようにしています。施術は、患者と整体師の協同作業だと思っているからです。たぶん、そう考えた方がより効果は出ると思います。

自己遠隔施術

肩が張る、腰がだるい、腕がしびれるなど、軽度の違和感や不調がある場合、自己遠隔施術をすることがあります。正直なところは、最初はその方法を教わっても、半信半疑でした。

でも、施術前にやっておくと、施術の精度がアップすると教わり、実行してみました。精度アップは自分ではよくわかりませんが、身体の柔軟性が増すのは実感できます。身体の動きも良くなる気がすることは確かです。

だから、施術前に自分に一通り遠隔施術はするようにしていますが、ちょっとした不調があるときに、試しに、それに効果があるであろう手技を遠隔でやってみたことがありました。

施術しているイメージを鮮明に描くことができ、身体の感覚も 感じられる程度になれば、症状は少なくとも緩和することがわかりました。

身体は物質でできているので、というか、生命体の物質的な側面を 「からだ」と呼んでいるので、実際に筋肉を使うことは必要ですが、アスリートのイメージトレーニングが有効と実証されているのと同様、自己遠隔施術も確かに効果があります。

ちょっと妖しく不思議な世界かも知れませんが…

自己遠隔で手首痛が解消

施術姿勢の悪さからか、手首を傷めたことがあります。手を床に着くと痛むのです。

最初は直接右手で傷めていた左手首を操作(施術)してみましたが、あまり改善しません。翌日朝から風呂に入って温めてみましたが、あまり改善しないしません。

その日の午後、思いついた手技を自己遠隔施術(直接身体には触れない施術のこと。それで自分自身に施術する方法)でやってみました。

改善しました!でも、まだ手を握ると多少違和感があるので、さらに手技を追加しました。 それで痛みはほぼ解消しまた!翌日は、全く問題なしでした。キーボードを打っててても痛みも違和感もない状態になりました。

自然治癒力の力が大きいですが、自己遠隔施術も捨てたものじゃないと思いました。

でも、クライアントへの説明(インフォームドコンセント)が必要と思っている自分としては、遠隔だの過去に戻っての施術などに対しては、半信半疑のところがあり、実際の施術ではめったに行ないません。

人を驚かせることや不思議さは、施術の本質ではないと確信しているからでもあります。当たり前のことをやって、当たり前に回復していき、クライアントも納得してくれるのが一番だと思っています。

川越の整体で体調不良解消!
不調はがまんせず、今すぐお電話を!
ご予約…tel:049-223-2017
電話受付時間/9:00~21:00 (不定休)
当日のご予約は電話でお願いします。
川越市末広町3-10-2ファミール末広201
スマホでのご予約はここをタップ

Follow me!