健康回復のポイント

回復に大切なこと

整体を受けた後で、症状が明らかに改善しても、その改善を素直に認めない患者さんはいらしゃいます。本人の体感としては実感できない場合もありますが、目で見て確認できる動きが明らかに良くなっても、否定したり、前からこの程度は動いていたと言い張る人もいます。

そういう人の口癖は「私の○○○は、何年もだから、治らないと思うわ」というものです。これではブレーキとアクセルを同時に踏むようなものです。

本当は症状解消して元気になりたくないのかな?と思うような人もいらっしゃいます。大抵は心療内科などに通院している人ですが、こういう人も、改善しても「そのような気がする」とか「今はそうですが…」という感じで、自分が改善したという感覚に自信を持ってない感じです。こういう人も、一進一退を繰り返すことが多いです。

体の症状だけを対象に施術していても、心の問題、心理的傾向に問題がある人は、考え方の方向性を変えないと、満足のいく回復は難しい場合が多いと実感してます。

私の力量不足や患者心理への理解不足はあると思いますが、体の問題を解決しただけでは、身体症状も完全には解消できないケースがあると実感してます。

痛みのレベルを数値化してみる

まず、どれくらい回復したのか後でハッキリ分かるように、今の痛みや苦しみのレベルを数値化しておきましょう。

一番カンタンで分かりやすい方法は、今現在の痛みを10としておくことです。施術後に完全に痛みが消えたら0です。もし万が一、痛みが今の倍になったら20となるわけです。

でも、当院の施術で(継続的に)もっと痛むようになるなんてことは起こりえません。とてもソフトで安全な整体だからです。

ご自分で回復の度合いを確認しながら施術を続けていくと施術のはげみになりますし、回復が着実になります。

回復したら何をしたいか?目標設定する
痛みを数値化したら、毎日の生活の中で起こっていることと痛みとの関連を考えるようにしてください。意外な発見があるかも知れませんよ。

回復目標の設定

施術の前後に、必ず痛みを数値化してください。たとえ(一時的に)悪くなることがあったとしても、ありのままを数値化してください。いっきに消えることもありますが、いつも1~2回で痛みが全て消えるわけではありません。場合によっては時間がかかることもあるのです。

体を元のバランスの良い状態にするために

施術で体を調整した直後には、体内のエネルギーの流れが良くなり、姿勢も良くなることも珍しくありません。しかし、体があまりに長い時間、歪んだ従来の姿勢に馴染んでしまっていて、バランスの取れた新たな姿勢を不自然だと感じてしまい、以前の姿勢に戻ろうとすることがあります。不自然な歪んだ姿勢が習慣になり身についてしまっている場合には、時間をかけて少しづつ悪い姿勢の癖や生活習慣などを直す必要があります。

精神的な問題も回復の妨げに

体の調子が悪いからといって、原因(問題)は体だけに限りません。人間関係や仕事上の悩みなど、精神的な問題も体調不良や痛みの原因になります。

そういう場合も、その悩みや苦しみ、やる気の無さなどの度合いを数値化しておいてください。そして施術後にその変化を感じてください。施術でエネルギーのバランスが整ってくると、思いと言葉、気持ちと新年などが次第に一致してくることがあります。

目標は具体的で実現可能なことを

「会議で腰を気にせず、集中したい」など目標は具体的で実現が容易なものにしてください。あまり高い目標だと、完全に健康回復した後でないと達成できないからです。何年も腰痛で辛い思いをしている人が、数回の施術後に「コンサートで4時間立ちっぱなしでも平気になりたい」と目標を立てても、すぐには実現しない可能性が高いからです。

覚えておいていただきたいのは、進歩(回復)は、一歩一歩進んでいくプロセスだということです。といっても当院の施術では、予想以上のことが起こる場合もあります。施術を受けるときは期待を持って来てください。

体調をさらにレベルアップしたい人、筋肉や関節の柔軟性を高めることを目標にする方は、最初に硬さなどを計っておいて、満足できる具体的数値を目標にしてください。

目標設定することで、あなたの想像力(イメージ)がバランス調整を助け。回復に良い効果を及ぼします。

継続的施術が健康回復と再発防止の鍵

体調不良が長期間(数ヶ月~数年以上)続いていた場合には、施術で良くなっても、時間が経つと体の状態は逆戻りしてしまうことがあります。体が元の歪んだ悪い状態を記憶していて、そちらの方に馴染みがある、ある意味自然な状態になってしまっているためです。

痛みの記憶を消すにはどうすればいいか?

子供の頃、はじめて自転車に乗るときには、何度も転んだことと思います。始めてプールに入ったときには、泳げなかったはずです。親や先生に正しいやり方を教えてもらい、覚えたと思っても、またすぐに忘れてしまったりと、何度も何度も同じことを繰り返し練習した末に、スイスイと自転車に乗れたり、泳げるようになったはずです。

整体治療もこれと同じです。何施術で取り戻した良い体調を、忘れる前に施術を繰り返して定着させていくのです。体と脳に、正しい状態、快適な体調の記憶を定着させて覚えてもらう必要があるのです。

継続は力なりと言いますが、不調が慢性化していた方の場合は、施術を継続することと、体調不良の原因となっていた悪い生活習慣や体の使い方などを改めることが、持続的な健康回復への近道なのです。

特に回復しはじめの時期は、良い状態を体が忘れないように短期間に集中して施術を受けることが健康回復を早めます。体と脳に、良い状態を覚えこませれば、痛みや違和感が、良い状態、正しい姿勢に上書き修正されて、やがては定着していくのです。

これが持続的健康回復の道順です。施術直後にある程度楽になっても、マッサージ感覚で辛くなったらまた来院というパターンだと、完全に快調になることは難しく、好不調の波が激しく、不調が慢性化する可能性が高くなります。

整体で健康回復しませんか? ご相談もお気軽に!

予約ボタン