健康法

確かにある!足湯の効果

僕の施術の手技の柱は、身体均整法とバランス活性療法という整体手技です。

バランス活性療法の指導では、自己療法として足湯を勧めています。

そこの代表が、病院で足湯を実践して治療効果が出た臨床例を紹介していました。少し古い記事ですが、掲載されていた読売新聞の記事の抜粋を転載します。

「心臓血管機能改善に「足湯」、移植待機患者で効果確認」

「足湯」による温熱治療で、心臓移植を待つ患者の心臓血管機能が改善することが、国立循環器病センター(大阪府吹田市)の研究でわかった。

体の深部の温度が上がって末梢(まっしょう)血管の血流がスムーズになることで、心臓のポンプ機能への負担が軽減するらしい。

駒村和雄・心臓動態研究室長は、これまでに、全身浴のできない20~40歳代の移植待機患者4人に対して、温かい蒸気の出る「足湯」装置を使い、42度で15分間温め、30分間保温する治療を2週間行った。

最も効果があったのは、重症の拡張型心筋症で人工心臓を装着した20歳代の男性で、足湯治療により、心筋に酸素や栄養を送る血管の広がりやすさ(血管内皮機能)が正常値まで改善した。さらに、心臓が血液を送り出す能力も向上して、左心房の内径が縮小、リハビリで歩く速度も速くなったという。

バランス活性療法の整体師から、継続的に足湯を行っていたら、35度台だった基礎体温が36度台中ごろまで上がったという臨床例も紹介されたりして、足湯の効果を再確認しました。

ちなみに、基礎体温が低いと免疫力が弱くなり、癌などを発病しやすくなるそうです。

病院で使っている足湯器は、お湯ではなくスチームを使うものらしいですが、代表の話だと、ナショナルの製品だとか。

場所と時間の問題があり、当院では足湯はお勧めしていても、施術としては取り入れてませんが、希望者には、足湯のやり方をまとめたプリントをお渡しし、説明しています。

足湯器は、お湯を使うものの他に、遠赤外線を使う足湯器もあり、価格的には、むしろお湯で温度制御できるものより安いようです。

病院で使っているものと同じかどうかわかりませんが、蒸気と遠赤外線で暖める方法の足湯器がなんとなく使い勝手が良さそうで、価格もお湯方式のものよりは安いようです。

足湯をしてから施術すると効果がはっきりと上がるようですが、ご自宅で毎日していただくことの方が大切だと思います。

Follow me!