施術の流れ

体の状態と症状の原因を知るためのカウンセリング

初診時には、痛みやしびれなどの症状が出ている部分をいきなり操作するのではなく、症状や生活状態をお聞きします。クライアントさんの全身が今どういう状態にあるのかを正確に把握し、なぜこうなっているのか、その原因は何か、どこを操作(施術で動かすこと)すれば改善するのかを探ります。

症状や生活習慣など把握した上で、筋肉反射を使った独特なテスト方法自律反応チェックで、症状の原因の特定と施術方針・方法を決めます。

体に優しいソフトな施術

当院の施術は、身体均整法をベースに、主に筋肉に働きかけて骨格まで正していきます。施術はとてもソフトです。もんだり強く押したりはしません。硬く緊張した筋肉にそういう方法で施術すると、揉み返しやもみ癖を起こし、筋肉のバランスを崩してしまうことがあるからです。

下肢牽引施術
施術では、体をやさしくゆらしたり、廻したりします。受けた感じがとてもソフトなので物足りなく感じるほどですが、この方法が体に負担をかけずにバランスを調整する最適な方法なのです。体を緊張せさるような強い方法は、リスクが高いといえます。リラックスした状態の方が、施術効果が浸透していくし安全です。リラクゼーション効果も高く、施術中に眠ってしまわれる方もいるほどです。

仙骨の調整が施術の基本

施術(治療)の基本として仙骨(骨盤の中心になる骨)と脊椎の調整を行います。それは仙骨が骨格の中心なので、仙骨を正しい位置に修正せずに施術しても、じきに元に戻ってしまうからです。

良い体調が維持できる施術

施術で症状を解消することは大切ですが、ソフトなので、施術直後に効果が実感できるとは限りませんが、少しづつでも確実に回復していくことが大切ではないでしょうか?その方が症状の戻りが少なく、良い体調の維持につながります。

生活習慣のアドバイス

連続した施術によって正しい状態を脳に理解させることで、歪みが戻りにくくなりますが、生活習慣や体の使い方が適切でないと、いずれ症状が戻ってきます。

体調の波はありますが、いい状態をキープするために、ご自分でできる自己療法やエクササイズなども指導させていただいています。

ご相談から施術終了までの流れ

①ご相談・ご予約

電話・メール(ホームページの予約サイトから)で、施術のご希望日時をお伝えください。当院で改善するか心配な場合は、症状を伝えください。

②症状の確認

氏名、連絡先、施術前の現時点での体の状態を、問診票にご記入ください。その後で、症状や不調をお聞きします。生活状況や仕事内容もお聞きし、改善・回復後の再発予防のために原因を探り、アドバイスいたします。※当院は前払いでお願いしています。

③姿勢チェック&自律反応チェック

 体の状態をチェックします。骨格の歪み、筋肉の緊張の度合い、手足の長さの左右差、内臓の状態などを把握した後で、自律反応チェックで、最適な施術方法と、回復までの施術回数と期間の目安をチェックします。

 ④施術

背骨、骨盤、必要に応じて頭蓋骨の歪みを矯正、解消する施術を行い、全身のバランスを整えます。必要に応じて、症状のある部分に対応した施術も行います。

 ⑤終了時チェック

体の状態の変化(改善)度合いをチェックし、お客様も症状が改善したかお聞きします。

⑥生活習慣と体の使い方のアドバイス

施術後の注意点と施術で改善した状態を維持しさらに回復を進めるために、生活と体の使い方の改善アドバイスを必要に応じて行います。ご相談がある場合は、この時間でお願いします。

⑦次回のご予約

次回の施術の最適な施術日と回復までの回数と期間の目安もお伝えし、次回のご予約を承ります。

お客様へのお約束

(1)当院の整体に適合しないとチェックで出た時は、施術前にお伝えします。
(2)整体に関する質問には全てお答えします(即答できない場合は、調査の上後、お答えします)。
(3)健康面のアドバイスや体操の指導を行います(求められた場合、必要と判断した場合)。
(4)整体完了までの回数と施術間隔、トータルの期間をお伝えします。
(5)病院などの医療機関の受診が必要と判断した場合には、正直にお伝えします。

 施術のポイント

●最初にカウンセリングと体の現時点での状態(歪み具合)を調べます。その結果に基づき不調のある方に合った手技を組合わせて施術いたします。

●初回は不調の方の体の状態を知るために、また症状が一番悪い状態なので、施術時間は長め(約60分)になります(状態により時間は前後します)。改善するに従って施術時間は通常短くなります(20~40分程度)。

●あまり長い施術や施術のし過ぎは、体に負担がかかったり、状態を複雑にする場合があるので、施術自体は最長でも60分程度です。

【当院の整体の適応症】

 ◆体の歪みから来る不調・腰痛・ぎっくり腰・肩こり・首・背中・臀部・大腿部裏側の痛み(坐骨神経痛)・頭痛・膝痛・顎のガクガク(顎関節症)、四肢のしびれ・むくみ
 ◆女性に特有の不調
・生理痛・更年期障害・生理不順・子宮筋腫・逆子・不妊
 ◆内臓系の不調
・胃弱・・肝機能低下(肝臓の疲れ)・高血圧・低血圧・低体温・冷え性
 ◆関節の機能・運動機能の制限
・四十肩・五十肩など肩・首、腕や脚の動き(可動範囲)制限
 ◆原因特定できない慢性的な不調(不定愁訴)
・疲労、倦怠感・不眠・めまい・耳鳴・疲れ目
 ◆体や骨盤の歪み・O脚・X脚

施術を受けるときのお願い

■予約時間に遅れないようお願いします。
■遅れる場合は、連絡お願いします。
■15分以上遅れた場合は、次回の人を優先する場合があります。
■食事直後(90分以内)で施術を受けるのは避けてください。
■当院の施術は時間制ではありません。30分~50分と幅があります。
■初回は問診と検査を行いますので、時間は、50分~80分です。
■回復までの施術回数・間隔・期間の目安を知りたい方はお聞きください。
■体調や生活習慣などによっては、予定より長引くこともあります。
■服装は動きやすい物でお願いします。
■ベルトと金属の時計装身具などは外してください。
■皮製の服を着用の場合は、脱いでください。
■足を触った手で頭部の施術も行うので、清潔な靴下をご用意ください。
■携帯電話は、オフにしておいてください。
■やむなくキャンセルする場合は、早めに連絡ください。
■無断キャンセルの場合は、以後の施術はお受けできない場合があります。
(1度目はちゃんとした理由があればお受けします)。

施術を受けた後の注意点

施術後の注意点イラスト(女性)

■緊張し過ぎた筋肉をゆるめると、リラックスし血行やリンパ液の流れが良くなり、細胞内の老廃物や有害物質が排泄され細胞が活性化し自己治癒力が高まりますが、一時的にだるくなったり眠くなったりすることがあります。横になって休んだり、早めに就寝してください。

■施術で痛む部分が楽になっても、他の部分に痛みや違和感が出たように感じられることがあります。それは、一番痛む部分が楽になったため、隠れていた別の部分の不調が表に現れる現象です。これは悪化したわけでないので、施術を継続すれば解消していきます。

■施術後に軽くなった痛みなどが、しばらくして増す場合があります。これは好転反応と言い、回復しはじめた時に一時的に出る反応です。回復のきざしだと思って安心してください。再び解消したときは、以前よりさらに楽になっていることが実感できると思います。(痛みで動けなくなる時は、悪化しています。万が一そういうことがあれば連絡ください)。

■施術の刺激が体に浸透していくまで、多少時間がかかることがあります。慢性化した人などは3~4回くらいから回復がはっきりと実感できる場合があります。

■当院の施術は、ソフトです。物足りないと感じたり、この程度で治るのかと思う人もいますが刺激の強さと効果は比例しません。強すぎると体が緊張するので、体を傷めるリスクは高まります。施術の力の強さで効果を判断ぜず、ご自分の体調の変化を感じ取ってください。

■施術後に、症状や痛みが無くなると、すでに治ったように感じますが、まだ体調は不安定です。すぐに体に負担をかけるような動作をすると再発することがあります。あせらず無理をせず体をいたわってください。

■体調が悪い方の多くは、体が常に緊張し歪みがあり冷えています。体を冷やさないようにして、睡眠と休息を十分にとってください。体を温め、筋肉を緩ませることで体調はさらに良くなっていきます。

施術後の好転反応(体調の変化)について

好転反応イラスト(女性)

身体の緊張を解き、リラックスさせ、血行やリンパ液の流れを良くすることで、身体の抵抗力を高めることができます。整体の基本施術の目的も、そこにあります。身体に不調な部分があると、それが筋肉をほぐしたり神経を刺激するなどすると細胞が活性化され自然治癒力が高まります。

施術によって壊れたり新陳代謝が滞っていた患部の細胞が活性化され回復に向かい始めます。身体が回復し健康になっていく過程でさまざまな反応が出ることを「好転反応」と呼びます。体の組織が修復されたり活性化されると、体は一時的に様々な反応を示すようになります。

反応としては、眠気、だるさ、身体がぼーっとするなどの弛緩反応や痛みが増すこともあります。便秘、下痢、発汗、腫れ、痛みなどは過敏反応と呼ばれます。湿疹、かゆみ、目やに、吹き出物、大量の便などは排泄反応と呼ばれ、これによって体内の老廃物や毒素が排泄されます。胃痛、腹痛、吐き気、発熱、動機などの症状が出ることを回復反応と呼びます。

当院の施術の場合は、好転反応と言っても、体が気だるく感じたり、眠くなったり、施術後で軽くなったり消えた痛みが、しばらくしてまた痛み出したりというのが多いようです。便意や尿意を催すというのも、たまにあります。

神経が鈍く鈍感になっていたから感じなかったコリや痛みが、ほぐされることで感じるようになったり、自然治癒力が刺激、活性化され、体内の毒素が排出されたり抵抗力が増したりする際に反応がでることもあります。これは一時的なもので、好転反応が治まれば、回復が本格化し体調が良くなっていきます。

解消したと思った痛みが再発したり、下痢などの症状が出ると心配になるものですが、痛んでも体を動かせる痛みなら心配いりませんし、他の症状でも一過性(一時的)なら、心配はいりません。体がちゃんと活動しはじめたと思っていてください。

この考え方は人間関係にも応用できると思います。意思の疎通がうまくいかず、お互いにわだかまりがある状態では、表面的には波風は立たずに平静を保っていますが、なんらかのきっかけで本音を話し出すと、衝突することがあります。このような場合の衝突や意見、感情の対立は、対応次第では、関係を好転させるきっかけになることが多いようです。

これを「好転反応」とみないで、衝突や対立そのものを重大視し正面から受け止めると、いたずらに悲観したりさらに関係を悪化させることにもなりかねません。

身体の場合も同様ですが、そんなときにはあわてず騒がず、不満点や意見の対立などの「毒素」は出し切り、そのご少し休む(冷却期間を置く)などすると、以前よりいい状態になると思います。

人間も感情で動く動物である以上、喜怒哀楽があるのは自然のことです。怒りや不安、悲しみ憎しみなど、いわゆるネガティブでマイナスとされる感情でも、必要があるから存在しているわけです。不快はことや腹の立つようなことが怒っても、表面的にその感情だけを抑えようとしても、その否定的な感情のエネルギーは出口を失い、体の中に堆積して、それが積もり積もっていけばやがて自らの体にダメージを与えるような形でエネルギーが使われます。

むしろ、否定的な感情が発生したときには、適切に発散させておいたほうが、後をひかず心身共にダメージが少ないと思います。人の感情には喜怒哀楽があります。それらのひとつの側面を否定したら、人間の魅力も半減するのではないでしょうか?

逆説的に言えば、ネガティブな感情が希薄な人や、そうした感情を抑圧している人は、肯定的な感情、好意、愛情なども希薄だと言えると思います。

真に健康になるためには、ネガティブな側面を抑圧するのではなく、安全なカタチで表に出してやる心の好転反応も必要だと思っています。

施術後に気をつけてほしいこと

入浴について
当院の整体を受けた日の入浴は軽めにしてください。長湯や熱すぎるお湯は、せっかく身体に入ったいい刺激が、早く抜けてしまいます。

飲酒について
当院の整体を受けた日は、できればお酒をひかえてください。飲みたいときは少なめにしてください。

運動について
当院の整体を受けた日は、激しい運動はひかえてください。痛み消えても患部が治ったわけではありません。身体が修復するには多少時間がかかります。激しく動けば、せっかく回復しだした部分を傷める可能性があります。

体調変化ついて
施術を受けた後、帰宅後や翌日に、身体がだるく感じたり、眠気が強く出たり、熱が出たり、いったん解消した痛みなどが、増して出てくることがあります。これは好転反応といって、緊張して硬くなって血流や神経伝達が悪くなっていた患部が、回復に向かって修復しはじめるときに出るもので、好転反応と呼ばれるものです。痛み止めを飲んだり、病院へ行く必要はありません。

1~3日程度で、ほとんどの方は上記の症状が解消し、施術直後より楽になっていることが多いので、ご安心ください。

施術効果について
施術後、約3日目をピークにして7日間ほどにわたって身体は変化(改善)していきます。特に内臓や自律神経の調整をした場合は、整体の刺激が身体に浸透していくのに時間がかかります。その間の体調変化を感じてください。解消した症状、軽くなった症状、あまり変化の無い症状、別の場所に痛みを感じるなど変化が感じられると思います。

慢性化した症状について
施術後にあまり身体に変化が感じられない場合は、身体の歪みや不調の原因が、かなり身体の深い部分にまで達しているからと考えられます。それでも何回か施術を積み重ねていけば、刺激が深い部分にまで浸透し、じょじょに回復に向かいはじめます。内臓の疲れ、不調が原因の症状についても同様です。

施術間隔について
前回の施術の刺激が浸透するピークは3日後くらいです。1週間で変化が終わるので、その前に次の施術を受ければ、回復に向かって変わり始めた身体の変化が持続することになります。ですから最初はあまり施術間隔を空けずに通院されたほうが、回復がスムーズに、施術回数も少なくすみます。

セルフケアについて
症状が解消した後でも、体調不良の原因である、生活習慣や姿勢、身体の使い方などがそのままでは、いずれ症状が再発します。それを防ぐために、当院では日常生活での心がけやアドバイス、ご自身でできるセルフケア(ストレッチや自己療法)を、希望者にお教えしています。
整体の身体調整のしかた

●背骨の調整と効果

脳からの全身への指令は、背骨(脊椎)の中を通っている脊髄神経を通して身体各部に伝えられます。その背骨が固まって動きが悪くなると、伝達が悪くなり、感覚が鈍ってきて体を自由に円滑に動かせなくなります。

腰、膝、背中、首が痛む人の大部分は、骨盤と背骨に歪みがあります。骨盤を整え(骨盤矯正)、背骨を修正すれば、かなりの痛みは解消します。

●股関節の調整と効果

動きのいい骨盤は、女性にとっての健康のポイントです。股関節をゆるませると、骨盤も自由に動くようになります。股関節がゆるむと、頭もゆるみます。

●腕の調整と効果

腕は頭の影響を受けやすいです。腕や手は、意識的な動作に忠実だからかも知れません。あまりに意識的(意思的)で頭脳的な判断に頼って生きている人は、腕の筋肉が固まっていることが多いようです。腕を緩めると、頭の緊張も緩みやすいのです。
回復を促進させ、症状の再発を防ぐポイント

●痛みのレベルを数値化してみる

まず、どれくらい回復したのか後でハッキリ分かるように、今の痛みや苦しみのレベルを数値化しておきましょう。

一番カンタンで分かりやすい方法は、今現在の痛みを10としておくことです。施術後に完全に痛みが消えたら0です。もし万が一、痛みが今の倍になったら20となるわけです。

ご自分で回復の度合いを確認しながら施術を続けていくと施術のはげみになりますし、回復が着実になります。

痛みを数値化したら、毎日の生活の中で起こっていることと痛みとの関連を考えるようにしてください。意外な発見があるかも知れませんよ。

●回復したら何をしたいか?目標設定する

「腰痛や膝痛の心配なしに1週間旅行したい」といった具体的な目標を決めることも大切です。ただし実現しそうな目標にしてください。その方が、結局は満足できる結果が得られるからです。10年来の慢性腰痛持ちの人が、いきなり「12時間ぶっとおしでクルマを運転しても平気になりたい」などと望むのは無謀です。

健康回復促進のポイントの詳細はここをクリック!

継続は力なり

不調が慢性化していた方の場合は、整体を継続することと、体調不良の原因となっていた悪い生活習慣や体の使い方などを改めることが、持続的な健康回復への近道です。

特に回復しはじめの時期は、良い状態を体が忘れないように短期間に集中して整体を受けることが健康回復を早めます。これが持続的健康回復の道順です。

痛むときだけの整体では完治は難しい

整体の施術直後にある程度楽になっても、マッサージ感覚で辛くなったらまた来院というパターンだと、完全に快調になることは難しく、好不調の波が激しく、不調が慢性化する可能性が高くなります。
整体の効果が出にくいケース

(1)本人があまり乗り気でないのに、配偶者や親に連れて来られた場合は、施術を受けても効果が感じにくい傾向があります。心も体もここの整体で良くなりたいという方向に向いてないからです。

(2)薬を服用してる。特に消炎鎮痛剤を服用している方は、体の感覚と反応が鈍くなっているので、改善を感じにくいようです。また、施術後に、薬の効果が薄れたときに、痛みや不調を強く感じることが、服用してない方より多いです。他の薬でも常用してる方は、症状解消に時間がかかる傾向があります。

(3)偏食が多い。栄養バランスが偏っているなど、食生活習慣に問題がある方も、回復に時間がかかります。施術と並行して、食生活を改善すれば、施術効果がより高くなり、回復も早くなります。

(4)自分の不調を他人のせいにする方も、施術効果が出づらい傾向があります。先天的な異常は別ですが、ほとんどの不調は、ご本人の生活習慣や体の使い方、心の問題やストレスが根底にあります。それを他人のせいにしたり、生活改善をせず、人任せでは、改善しても効果は持続しません。

(5)不安、怒り、緊張を強いられる状況、過去のトラウマなど、精神的ストレスや否定的な感情に支配されてる人は、施術効果が出づらく、持続しにくい傾向があります。当院では、場合によっては、身体への施術だけでなく、考え方、気持ちの持ちようなど、精神面へのアドバイスも行っています。

(6)高齢の方は、若い方より、施術効果が出にくく、持続しづらい傾向はあります。身体の衰えによる回復力、免疫力が低下しているためです。また、筋力の低下が著しい方も、年齢に関わらず、施術効果が出づらい、出るのに時間がかかる傾向があります。

回復を維持するためには生活改善が必要

あなたが、ここまで読まれてページを閉じたとしたら、あなたの体調は、明日からも今までと何ら変わることが無いために、また不快な思いをし悩み続けるかも知れませんね。それどころか、このまま放置したり、低料金だが一時的に楽になるだけの治療を続けているうちに、体調はさらに下降線をたどるかも知れません。このままでは、痛みが解消し体調が良くなることはないでしょう。一生それが続くとしたら…?

しかし、整体で体調を良くして、痛みなどの体の不快感を解消することができるかも知れないと思われたら、そして、あなたが体を壊している生活習慣を変えようとすれば、快適で楽しい体のことで悩むことのない幸せな生活が待っている、そう私は信じています。

整体を受けた後は、心身ともにリラックスします。ゆっくりと休んで、施術効果を浸透させてください。

患者さんの心がけの大切さ

できるだけ少ない施術回数と通院期間で、効果が高く、回復後も継続性のある施術を追求していますが、クライアント様の協力と理解があると、回復はさらに順調になります。

●具体的には、体を歪め不調を起した生活習慣と体の使い方を改善していただくこと。

●不調の解消後に、いい体調を維持するために、ご自宅でできる自己療法(体操やストレッチなど)を、できる範囲でいいので、実行していただくこと。

●整体で体がリラックスし体調が整い、痛みなどが軽減したら、その気持ちよさを体と心で丁寧に感じて、感謝すること。

注意点としては、整体師や施術方法を理解し信頼するための質問は歓迎しますが、最初から懐疑的で、不信感が根底にあると、改善はスムーズには進みません。

整体で将来の医療費を減らすことも可能

医療保険料が値上がりし、自己負担割合が増えています。医師不足で病院が閉鎖したり、短時間診察で薬漬けの治療も問題となっていて、慢性病(症状)は医者に行っても治らないと感じている人は少なくないようです。

整体院は医療機関ではありませんが、未病(病気になる一歩手前)のケアは得意分野です。ちょっとした不調・不快感が続き、生活の質が落ちたと感じたなら、ちょっと勇気を出して、整体を受けてみてください。

当院には、川越、埼玉県内の病院、整骨院、鍼灸院、マッサージ、(他の)整体院を何箇所か回られた方も多数通院されます。そこでは改善しなかった方が来院されるということです。

あまり改善しなくても、病院と整骨院は保険が利くので、1回の治療費は安いし、国が認めた医療機関ということで安心感はあります。しかし、慢性化した症状で長期間通院すると、時間的にも金銭的にも、負担はじわじわと積み重なってきます。

1回の治療費(整体料)が多少高くても、症状の改善が進み回復することが多い当院の整体施術の方が、トータルでの治療費は安くなると思いますし、何より体調が良くなれば、生活が快適になるものです。

完全に回復しなくても、9割近くの方は、「症状がはっきりと軽くなった。以前よりずーっと楽になった」と言われています。

先の見通しの無い治療に、大切な時間とお金を使うより、改善の可能性が高い整体を試してみるのも、選択枝のひとつとして考える価値は十分にあると思います。
整体の法的根拠について

整体は国家資格でないので、無資格で違法だと主張する人がいるようです。整体やカイロと競合する、(一部の)柔道整復師や鍼灸指圧師、按摩師やその関係者に多いようですが、事実関係を無視した内容が多いようです。

不調を解消してもらえばそれでいいと思っている方でも、整体が違法と言われると、危険なのではないか?と感じる人もいらっしゃると思います。そのような懸念を解消していただきたいと思うのは、整体師としては当然のことだと思っています。

ただ、個人的見解を言っても説得力に欠けあまり意味がないと感じる方もいらっしゃると思いますので、医療関連の仕事を管轄している厚生労働省の、整体・カイロプラクティックなどの民間手技療法についての公式見解をご紹介しておきます。

「整体治療」や「カイロプラクティック」については、その医学的効果について科学的評価が未だ定まっていないことなどから国家資格とはなっておらず、いわゆる民間療法として、人の健康に害を及ぼすおそれのない限度で施術を行うことが認められているものです。」

厚生省(当時)では、「整体術は指圧の類ではないか」との疑義照会に対して、昭和47年7月9日付旧厚生省医務局長からの回答で『整体療法は脊椎等の調整を目的とする点において、あん摩、マッサージ又は指圧と区別され、従って、あん摩、マッサージ又は指圧に含まれないものと解する』と回答しています。

確かに一部の「整体院」では、マッサージと区別できない施術をしているようですが、当整体院では、脊椎、骨盤、頭蓋骨の調整で、様々な体調不良や姿勢の矯正、体の歪みを解消していますので、指圧、按摩(マッサージ)とは、厳密な意味では、目的も手法も異なります。

また、体に害を及ぼす可能性のある手技、危険を伴う手技は採用していません。その点をご理解して安心して受けていただければと願っています。

埼玉県川越市の整体院…ヒロ自然療法院で健康回復しませんか?