お客様の声

施術のやりすぎは良くない

常連の方が久しぶりにお見えになりました。
慢性化して常に腰に重だるさと、体を動かす角度によっては痛みを発生していた腰の痛みも断続的でかなり軽くはなっています。

特に施術後は楽になり、全く痛みも動かしづらさも無くなるのですが、元々腰椎のヘルニア持ちで、仕事は前かがみの姿勢が多く、台所の流しが低く皿洗いのときも前かがみの連続とのこと。

体の使い方と姿勢、そして家具なども含めて生活環境の改善がないと、再発はやむ終えないというのが、私の診方です。

2月ほどは調子が良かったようですが、旅行前に少し腰が心配になってきたからと来院されました。施術後は、腰の重だるさは解消して、意気揚々とご帰宅された…と思いきや当院を出られてから20分もしないうちに電話をされました。

「クルマを運転して揺られているうちに激痛が走った」とのことで、ちょうど空いている時間帯だったので、再度の施術を引き受けました。

まっすぐ体を起こして歩けない状態で、体が斜め前方に傾いています。見ていても辛そうでした。立っているだけも痛むし、仰向け、うつ伏せ共に痛むとのことなので、なんとかじっとしていられるという横向きで寝てもらいました。

今回の施術終了間際に状態をうかがったら、来たときよりは軽くなったが、まだ重さを感じる部分が残っているというので、追加で2箇所(手技2種)ちょとだけ施術しました。その結果は全く症状は残ってないとのことで、喜んでおられたのですが、実は、追加施術してもいいかと自律神経チェックで確認したところ、ダメと出たのでした(^^;

でも、調整ポイントとしていつも使わせていただいている腰椎5番の調整と、仙骨の調整だけなら刺激もごくわずかだし大丈夫だろうと、自分の意識で考えて施術したのでした。

たぶん、その施術が体にとっては負担だったことと、今のその患者さんの体にとっては、腰を守るために行動を制限する必要があり、それで腰の重さとある程度の緊張を残していたのを、僕が無理やりに解除して、全く自由に何の制限も感じずに動かせる状態にしてしまったのが、最大の原因だったと分析しています。

ちょっと買物をして、多分多少は荷物を持ち、車にちょっと揺られる程度だったはずですが、施術直後ということもあり、弱点を抱えている腰椎から仙腸関節にかけての骨格を支えるのに必要な筋肉の強度と緊張がなかったのでしょう。

という分析結果だったので、物理的(力学的)に刺激を加える手技は使えないと判断して、エネルギー療法的な手法で対応した結果、幸いにも痛みは解消しました。

また帰宅途中に再発するとまずいので、今度は、慎重に体を動かし、まっすぐ帰宅するようにと伝えて、追加の施術を終えました。

痛みの解消イコール回復ではないので、痛みが解消した後でも、1週間くらいは、体を労わった使い方をしたほうがいいのです。

施術の刺激は必要最小限で

施術の最初にする手技は、仙骨に全ての症状や歪みを集約させて、仙椎(尾骨含む)のみの施術で改善を図るというものです。 不調がいくつかあっても、さらに体の歪みや筋肉のコリがあっても、仙椎だけで調整するのです。

1回で全て改善、ないし回復するわけではありませんが、骨格の歪み、筋肉の緊張、違和感、痛みなどが、同時に改善するので、それで施術終了すれば、10分とかかりません。お尻の骨の当りを触っていただけで楽になったりするから、クライアントさんは不思議な顔をすることが多い手技です。

でも、チェック含めて15分以下だと、さすがに遠慮というか、これで終わりにしていいの?という余計な気持ちがあるから、つい基本療法などをやってしまったりしてしまうことがあります。

それでさらに改善したり、完全に解消することもありますが、逆に、せっかく軽くなったり解消した違和感などが、再発することもあるのです。

施術の要不要の見極めは自律神経チェックでするのですが、さらに施術をしてもいいか?と聞き、Yesと出なかったり、はっきりしない場合に、自分の頭で営業的、接客的に考えて追加施術した場合には、結果は良くて変わらず、悪ければ体調を戻してしまうことが多い感じです。

やはり、施術での刺激は必要最小限にしたほうが、整体の効果がよくて、体への負担も少ないことは確かです。

脊椎の何番と何番を刺激すると、施術効果を帳消しにできます(何番かは企業秘密です)。だから、不用意に必要性の低い刺激を加えると、施術効果が帳消しになる可能性もあるということです。効果的な手技であるほどそうなのです。

施術時間と効果の関係

たった5分で不調が改善したとしても、「今日の施術はこれでお終いです」という勇気は、まだありません。

せっかく5分で改善したのに、時間があるからと、いろいろしてると、悪くすることがあります。最初のほうが良かったと。

施術時間や刺激が多ければ効果が高いということはないと実感しています。

時間に拘るとつい余計は刺激(施術)をしてしまいます。施術のやりすぎは回復のためにはよくありません。

整体は、マッサージのようにしてもらってるときに気持ちよくなることが目的でないからです。体調をよくする目的なので、体が施術に反応して良い方向に変化をはじめたら、それでその日の施術は終了したほうがいいのです。

あとは自然治癒力が体を整えて治してくれます。

物足りないほどソフトな施術でも

数年前のクライアントさんですが、半年以上、尻から脚にかけてしびれ、痛み、鉛が入ったような状態で、寝るのも楽でなく、長時間座るのが苦痛というよりできない、歩くのも辛いという方の6回目の施術をしたことがあります。

接骨院、整形外科など何箇所も回ったのに、悪くなることはあっても、改善すらしなかったのが、 あと一歩というところまで回復されました。

いつもこんなカンタンそうな手技で回復するなんて、不思議だと言われる方ですが、 物足りないほどの施術方法だから、これで本当に回復するのかと思う人が少なくないんじゃないかと、帰りがけに言われたことがあります。

確かに、改善しても1,2回で止める方もいるような状態のときもありました。 1回で改善が感じられない場合は、通院しない人はもっと多かったでしょう。

同様のことを、別のクライアントさんに言われたことがあります。

施術後、(多少は)楽になったといってるにも関わらず、 施術の感想を聞いたら「こんなんで、本当によくなるのか不安がある(いまいち信じられない)」と言われたこともありました。

刺激の強さと効果は比例しない、むしろ壊すリスクが高まると説明しましたが、「考えてみます」 ということで、次回の予約はなしで帰られ、それっきりでした。

印象として、スポーツマンタイプ(女性も含めて)、はきはきしている勝気な感じの人は、僕の施術では物足りないと感じる人が多いような気がします。

たぶん、同じ療法の人と比べても、僕の施術は、もっとソフトだと思います。 練習会などで、もっと強くと言われることがありますから。

でも、効果は確かに出ているし、力加減ややり方には、ある程度の確信は持ってるので、方法や力加減を強く変えようとは思いません。

骨盤矯正コースなどとわざわざ施術メニューにしている整体院が結構ありますが、うちでは、骨盤、背骨、頭蓋骨は必ず矯正します。一番最初に。でも、矯正方法が指先1本で、とてもソフトに仙骨に触れる程度なので、誰も矯正されたとは思いません。でも、確実に骨盤、背骨、頭蓋骨は整っているのです。

腰椎などに力を加えて「ポキッ!」といわせる矯正もできますが、強い力や派手な技を、効果をアピールするために使おうとは思いません。人様の大切な体を調整する仕事だから、安全第一がいいと思ってますから。

予約ボタン

Follow me!