冷え性

冷え性が女性に多い訳

女性が快適と感じる温度は、男より2~3度高いそうです。

女性は男より筋肉量が少ないので、熱エネルギーを産出する力が少なく、体内を循環する血液量も少ないのです。

心臓のポンプの力も弱いので、抹消血管まで充分に血液を循環させにくいのです。月経(生理)で毎月出血するので、血液中の鉄分が不足しがちなのです。

さらに、女性の方が皮下脂肪量が多く、腹部、お尻、脚などの脂肪の多い下半身が冷えやすいくなっています。心臓ポンプ力が弱めだと、血液やリンパ液の流れが滞りやすいので、むくみやすいのです。それが冷えの原因にもなるなど、女性は冷え性になる条件が多いのです。

象徴的なのが生殖器の位置です。男性は冷やしたほうが精子の産出力が高まるので外部にありますが、女性は温かいほうが機能維持しやすいので体内にあるのです。

身体の冷えは、内臓や自律神経の働きを鈍らせ、さまざまな不調や病気の原因になります。

不妊に悩む女性が増えていますが、肩やお腹などを出したファッションと冷房、冷たい飲み物の取りすぎなどで体が冷えている女性が増えていることも原因の一つだと推察されます。

体の冷やしていいことはありません。体調不良に悩む女性は、まずは体を冷やさないこと、温めることを心がけるだけでも、体調が良くなるはずです。整体でも血流が良くなるので、施術直後に体がポカポカしてきたと言われることはあります。

Follow me!