恥骨痛を改善する整体

恥骨痛の女性

恥骨痛

川越市の整体のヒロ整体院では、恥骨痛の女性も来院されます。恥骨痛は、出産後に発生することがあります。真っ直ぐ立てないほどの女性もいました。生理の時期に、足の付け根付近が痛む、股の当たりがチクチクと痛い、という症状も、生理痛の一種としての恥骨痛です。

恥骨痛の初期段階では、比較的痛みが軽く、恥骨付近に違和感を抱く程度、チクチク痛い程度ですが、がまんできるからと言って放っておくと、痛みの程度は、ズキズキと痛むようになることもあります。さらに放置すれば、立ったり歩いたりなどの日常動作にも支障を来たすこともあります。

恥骨痛の人は恥骨結合に歪みがある

女性の骨盤周辺の器官

恥骨に関連したトラブルを未然に防ぎ、恥骨痛を解消するためには、恥骨が痛む原因を知ることです。

恥骨(恥骨結合)は、骨盤の前面の合わせ目の部分のことです。股間のちょっと上にある骨です。骨盤は腸骨という大きな骨(右と左に一つづづ)が前面と背面で合わさってできています。

恥骨が痛む女性のほとんどは、恥骨結合という骨盤の正面の合わせ目の関節がズレて歪んでいて、恥骨の縁を軽く押しただけで強い痛みを感じます。恥骨結合が歪んでいるということは、骨盤全体にも歪みがあるということです。

恥骨結合が歪んでいる人は、股関節の痛みや違和感、動きの悪さを訴えることが多いです。また、下顎の骨も正面から少しズレていることが多いです。座ったとき足を組む、猫背、ハイヒールを履くなどの習慣も、恥骨を歪ませる原因になるので注意しましょう。

多くの整体では、恥骨の調整まではしてませんが、恥骨結合の歪みは、恥骨痛だけでなく、股関節や顎の調子の悪さの原因にもなっているので、恥骨の調整は重要だと考えています。

さらに、恥骨の上の縁を押すと、皮膚の不調の改善も期待できます。湿疹や痒みなどでお悩みの方は、恥骨の縁を押し込むように刺激すると良いでしょう。恥骨を下にえぐるように指を押し込むと、尿漏れや頻尿、男性なら前立腺肥大の改善効果も期待できます。

女性ホルモンのリラキシンの分泌過剰も恥骨痛の原因

生理痛の一種として生じる恥骨痛には、リラキシンという女性ホルモンの作用が関係しています。リラキシンは、卵巣・子宮・胎盤などから分泌されるホルモンで、関節や靭帯を緩める作用があります。

分娩時に赤ちゃんが産道をスムーズに通って出てこられるよう、主に妊娠中に分泌が活発になりますが、妊娠中だけでなく、生理前~生理中の時期にもリラキシンの分泌量は増加します。これは骨盤を開きやすい状態にして経血の排出を促して生理をスムーズにするためです。

リラキシンの作用で骨結合も緩みます。すると、骨盤の強度が減り、恥骨が歪み、恥骨痛が発生することがあります。リラキシンの分泌量が正常値なら恥骨痛は発生しません。

恥骨痛と生理痛・腰痛の施術例

20代後半の女性

骨盤矯正の施術

半年ほど前に恥骨痛と腰痛で来院された若い女性が再来院されたときの施術です。

前回の通院の際には、出産後に恥骨が痛むようになったと来院されました。整形外科や産婦人科と並行して数回通院した後で中断した形になりました。腰痛はほぼ良くなりましたが、恥骨痛は軽くなったが完治してなかったので心配してました。

半年ほど経って、恥骨痛は無くなったとのことですが、腰痛と坐骨神経痛で来られました。その間、整形外科には通院してたようですが、痛み止めだけだったとか。整形外科では、老人が多く、皆「なかなか治らない」と言ってるのに通院していると言ってました。

生理痛もあった方ですが、前回通院されてたときには、解消ないし軽減してたようですが、最近はまた痛むようになったとのことなので、骨盤(仙腸関節)の矯正をしました。

肩こりもかなり酷い状態なので、坐骨神経痛が解消した後で、首と肩の凝りを解消する施術しましたが、終わった後調子を尋ねると「今まで経験したことがないほど軽くなった」と言われました。体全体と頭もすっきり軽くなったそうで、満足して帰られました。

腰痛、坐骨神経痛は、以前からあった症状ですが、3日ほど前に再発したとのことで、すぐ来院されたのが良かったようで、1回で痛みが解消しましたので、こちらも満足しています。やはり不調をがまんして慢性化すると、回復まで時間と回数がかかることが多いです。

当院の骨盤矯正は、通常行われている腸骨(寛骨)の矯正だけでなく、仙骨、仙腸関節に加えて、恥骨の矯正も行っています。恥骨の上部を軽く押して痛みがあれば、左右の恥骨がズレて(歪んで)います。

大きい腰骨(寛骨・腸骨)だけを矯正しても、骨盤の前面の接合部である恥骨結合の歪みを矯正しておかないと、骨盤矯正の持続力は落ちますし、恥骨付近の痛みも解消しないことが多いようです。

※施術効果には個人差があります。

産後の恥骨痛

30代前半の女性

3人目の出産後から、恥骨が痛くなったと来院されました。立っているだけでも恥骨とそけい部(股関節)に違和感があり、15分以上歩いたり階段だとはっきり痛むそうです。

出産後ひと月ちょっと経っての来院でしたが、骨盤は開き気味でちゃんと閉じておらず、左右の腸骨(骨盤の大きな骨)に捻れと傾きがあり歪んだ状態でした。

骨盤矯正と、左右の恥骨(恥骨結合)がズレていて、恥骨の上を軽く押しただけで痛む状態だったので、恥骨結合も調整し結合部を左右揃えました。

それで、下腹部と恥骨が軽くなりましたが、股関節(そけい部)に重だるさが残っていて、動きも悪かったので、股関節を調整したら、下半身と股関節が軽くなったと言われました。

腰にだるさと張りを感じてたのも軽くなったと喜ばれました。

ウエストも締まった感じで、くびれが出来てきたと喜ばれました。

※施術の感想は個人のもので、効果を保証するものではありません。

予約ボタン

川越の整体で恥骨痛を解消!
不調はがまんせず、今すぐお電話を!
ご予約…tel:049-223-2017
電話受付時間/9:00~21:00 (不定休)
当日のご予約は電話でお願いします。
埼玉県川越市末広町3-10-2ファミール末広201