鼻・味覚の不調

臭覚に関係する臨床例

※施術効果には個人差がありますのでご了承ください。

臭いがわからなくなった
60代後半の女性

肺炎を起こして高熱が数日続いた後から、臭いがほとんどわからなくなったという60代後半の患者さんが息子さんに連れられて来院されました。

ガソリンの臭いだけはわかるそうですが、味も甘み、塩味、苦味は感じるものの、うまみなど微妙は中間的な味覚は感じなくなったそうです。

科などいろんな病院を回ったが、まったく改善しなかったとのことです。

施術後に、アロマオイルのレモン、グレープフルーツ、サンダルウッドを嗅がせてみましたが、
何らかの香りは感じるようです。レモンをハッカではないかと言ったり、サンダルウッドとの違いは感じたようです。

その患者さんと息子さんは、施術で改善した可能性より、はっきりとはわからないものの多少は
感じていたのではないかと考えた様子が伝わってきました。

事前に同じ香りを嗅いでもらって比較するべきでしたが、私も最初から改善するとは期待してなかったことと、ガソリン以外はまったく臭いを感じないという言葉をそのまま受け取ったのです。

改善を期待して来院されたのに、改善の可能性を考えるより、もともと多少は臭覚が残っていただけだと考えるのは、整体なんかでそうカンタンに治るはずがないと思っていた証拠でしょう。

現代医学で治らなくても今の医療を信じ込んでいるという矛盾した心情を感じました。 そういう方々にとっては、当院の施術は「藁」なんでしょうね。 (溺れる者は藁をおも掴む)

※施術効果には個人差があります。