整体(手技療法)

整体は体を全体として調整する

人体は、部品を集積して構成された機械とは違います。発生学的にいえば、元々は一本の管の形をした生き物でした。それが機能分化していき、現在の姿になったのです。

だから人体は、様々な身体の部分が密接につながりあって機能しています。ある部分で受けた刺激は、瞬時に全身に伝わり、その刺激に対応した反応をします。身体は全体で機能し、響きあっているのです。

整体は身体の響き合う力を利用して、全身を整える手法です。それによって個々の不調や個々の身体の部分に対応した手技を施さなくても、ポイントをおさえた一箇所を調整してやるだけで、全身が響きあい調和することがあるのです。

痛み、だるさなど辛い症状に苦しむ患者さんは、歩き方、立ち方、座り方、顔の表情などから負のオーラが出ていて、精神的にも不安定でイライラしています。内臓に異常があると、テンションが落ちます。心も正常な反応ができず、内臓筋と密接に関連している顔の表情筋もこわばってきます。心にストレスを抱えていれば、胃腸が痛くなったり下痢したりして調子を崩します。精神的に大きな問題を抱えていれば、それが思わぬ形で、病気として表に出てくることもあります。

人の身体と心は、これほど複雑で精巧にできていて、絶妙なバランスの上に成り立っているのです。逆にいえば、ちょっとしたこと(刺激)で、身体は変化し機能を回復します。身体が本来持っている力を取り戻せば、思いもよらぬ回復も起きるのです。

当院に通っていた患者さんの中には、身体のバランスが整ったことで、長年不妊で子供を持つことをあきらめていたのが、いまでは、育児に忙しい毎日を送っている方もいます。

30分おきにトイレに立たなければならないため、旅行にも行けなかった方が、体調が整うにつれて、頻尿が改善してきたり、原因不明の目まいに悩んでいて、外出もままならなかった方が、再び繁華街で買物ができるまでに回復した例もあります。多くの不調を抱えた方に共通するのは、施術の過程で、よく眠れるようになることです。

身体と心、そして環境。これらは分けて考えることはできません。どれが歪んでも汚されても、全てがバランスを崩していきます。

整体という仕事を通じて、このような回復を目の当たりにすると、人体というか生命の不思議さとそれが持つ潜在的な力に驚かせられると同時に、心身と環境は密接に関わりあっていることに気づかされます。

施術は体のチューニング

以前、高校生女の子が通院してたことがあります。
以前から(若いのに)頭痛持ちだったそうですが、ここ数日、痛みに波はあるようですが、ほぼ一日中頭痛で、勉強にも集中できないし辛いとのことでした。

骨格が歪んでいて、肩も左右高さが違います。
体は年齢の割りには硬い感じです。

直接的に頭痛に効く手技をする方法もあるのですが、頭痛の原因が体の緊張と(頭痛があるから緊張している可能性もありますが)骨格、特に上部胸椎と頚椎の歪みにあるような気がしたので、全身の骨格と筋肉の調整をメインに施術しました。

施術後には、最初7くらいのレベルだった痛みが4くらいまで解消したとのことでしたが、まだ解消できると感じたので、さらに別の手法で何度か施術しているうちに、ゼロになりました。

O脚も気にしてたので、施術前に指で測ると、僕の指で2本位隙間がありました。施術が終わって全身のバランスが整ったので、念のために脚の状態を診ると、膝の隙間が指1本半弱くらいまで狭まっていました。

さすがに若いのと女性で関節が柔らかいので、骨盤が整っただけでも、かなり改善してました。
足の重心がどの辺にあるかと聞くと、ちょっと爪先よりで外側だというので、重心をもっと踵よりにもってきて、足の内側にするような立ち方にしてみて、と言ってから膝の隙間を測ると、指1本くらいにまで狭まってました。これくらいでも、少し離れてみれば、足は真っ直ぐに見えるもので、本人もちょっとした驚きと共にうれしがっていました。

そのときの筋肉の使い方と重心の位地を体に記憶して、普段から心がけていれば、その状態をキープできるからと伝え、内股で歩くのは止めるようにとアドバイスして、施術は終了しました(内股はO脚の原因になります。お尻が広がるし、太腿と臀部の筋肉が弱り、膝を閉じる筋肉も痩せてきます)。

頭痛とO脚がなぜ同時に改善するのか、不思議といえば不思議ですが、施術者の意識としては、頭なら頭だけを施術するとか、痛みを解消するために体に刺激を与えるとかいう意識はあまりありません。

基本的にはどんな症状の人が来ても、体の歪み具合をチェックし、血行や筋肉、内臓の状態を確認した後で、バランスの崩れているところを調整していくという意識で施術してます。
楽器に例えれば、チューニングです。正確にチューニング(調律)されてない楽器は、どんなに上手に弾いても不快な旋律しか奏でません。正確にチューニングされているだけでも、美しく心地よい旋律を奏でてくれるものです(ギターを弾いていたときの経験です)。

体も同様に、どんなに性能のいい筋肉やがっしりとした骨格を持っていても、全身のバランスが狂っていたら、いい動きはできませんし、体調も快適とはいえないはずです。それはスポーツ選手を観ればよくわかると思います。

整体で体をチューニングしておけば、常に快適な状態で生活できるので、勉強にもスポーツにもレジャーにも集中でき、また日常生活全般も、快適に過ごすことができます。

予約ボタン

Follow me!