腰痛を楽にする整体

腰痛の原因に合った施術が大切

腰が痛む女性

ヒロ整体院の腰痛施術の特徴は、まず骨盤矯正をします。土台である骨盤をいい状態にしてから、背骨(腰椎)の歪みを矯正します。それだけでも、硬く凝った腰部が柔らかくなり、痛みも緩和します。残っている腰部の深い部分の凝りは、直接患部を施術して和らげます。これで痛みはかなり楽になります。

当院では、痛みが発生している腰ももちろんチェックしますが、腰痛の本当の原因がどこにあるか、体の状態の確認だけでなく、体の使い方、姿勢、生活習慣にまで踏み込んで、根本的な回復を目指します。

慢性化した腰痛の人の過半数に、消化器(胃腸、肝臓など)の疲れが認められます。腎臓の不具合でも背中の下部、腰の部分に違和感や重だるさを感じることがあります。

慢性化した腰痛で消化器の調子が悪い人には、内臓調整を施します。腰の筋肉の凝りをほぐしただけでは楽にならなかった腰痛は、これで楽になります。

整形外科、整骨院では、腰痛緩和に内臓を調整することはありません。これだと、消化器の不調で腰が痛んだり重だるい状態は解消しません。

腰痛の原因…不適切な姿勢

悪い姿勢

慢性的に腰痛に悩んでいる人の大部分は、腰痛になるような体の使い方や生活習慣をしています。腰に過剰に負担がかかる前傾姿勢や背中を丸めた姿勢です。でも本人がそれに気づいていることは少ないです。

腰痛症の90%以上は、筋肉、筋膜、靭帯などの関節周辺の軟部組織(骨以外の組織)の機能低下が原因です。関節、腰椎の椎間板などの器質的変形が原因のものは10%以下です。したがって手術や痛み止めなどでは根本的に解決できないものが大部分ということです。

腰痛を根本的に回復させるためには、ご自分で腰痛の原因と改善法を知り、実行すること必要です。腰に負担をかける姿勢や動作を改善していくだけでも、腰痛はしだいに緩和していきます。

腰痛の人は、長時間座り続けたりクルマを運転した後や起床の直後は、絶対に上半身を急に屈めないように注意してください。

正しい姿勢で腰痛を予防

姿勢・体の使い方によっては腰痛になります。重いものを前傾姿勢で持ち運びしていたり、前かがみ(前傾)姿勢を長時間続けていれば、ほとんどの人は腰が重くだるくなり、痛み出す人も少なくないでしょう。

腰痛の主な原因としては、日常生活の様々なシーンで無意識にしている「悪い」姿勢です。

例えば、床の物を取るときに、ちゃんと膝を曲げずに前かがみになって腕を伸ばして取るとか、骨格の問題があり、普段の姿勢(上半身)が反っているとかあります。

じっとしてても腰が重い、痛む場合は、整体を受けた方が早く楽になりますが、間違った姿勢を矯正するだけでも、腰痛緩和や予防効果が期待できます。

腰痛に限りませんが、長時間同じ姿勢でいて体を動かさないのも、体にとってとても負担になります。ひとつひとつの動作や姿勢だけでは、それほど負担にならなくても、それが長期間続けば、腰の疲労が回復せず疲労が蓄積し、やがては腰痛持ちに!という結果になるでしょう。

腰痛は病気ではなく、腰が痛い「状態」です。だから、日常生活に支障がなく、普通に動いた程度なら痛くない状態が続いていれば、治ったといえると思います。

姿勢を矯正(気をつける)しただけでも、長期間(数年単位)に渡って腰痛が起きなかったというデータもあるそうなので、安全で確実な方法だと思います。

「正しい」姿勢のポイントは、体の重心を、立っているときなら、両足の中間に来るような姿勢を常に心がけること。座っているときなら、(上体を)前かがみや逆に反らし過ぎないようにすることです。

臍(へそ)の奥4センチほどのところ(丹田)に、体の中心があると意識して、姿勢を保ったり動かしたりするだけでも、体(腰)に無理な力がかからなくなります。

悪い姿勢椅子や机、テーブル、パソコン、流し(シンク)などの高さも、可能なら楽に作業できるよう調整することも、腰痛や肩こり予防につながります。

腹筋、背筋などを鍛えたり、腰痛体操なども、予防効果が期待できると思いますが、適切な方法でやらないと、逆に腰痛を悪化させたり、再発させることもあるのでリスクがあります。

腰以外の部分の不調が原因のことも

腰痛の人は、まず骨盤に歪みがあり、背骨、特に腰痛もズレていたりします。でも、それだけではありません。何年も前に捻挫した足首がちゃんと治ってないため、長年の間に腰に負担がかかり、腰痛が発生することもあります。膝や股関節の具合が悪くて、腰に痛みが出ていることもあります。また、腰痛の人の過半数は、胃や腸など消化器の調子が悪いです。消化器の不具合で背骨や骨盤に負担がかかり腰痛が発生しているケースが多いということです。

腰痛と聞くと、腰だけが原因だと思いがちですが、実は腰痛の原因はさまざまです。腰以外の部分の不具合が、結果として腰の痛みとして現れているケースは多いです。

糖尿病でも腰痛を起こすことがありますし、膵臓癌の場合は、強烈な腰痛を引き起こします。

腰痛で整体に来られるお客様の多くは、「腰が痛くなったから腰を治して欲しい」と言われますが、腰も他の身体の部分と連動して動いています。ですから、他の部分の不具合が腰に現れていても当然のことなのです。腰が痛むのは原因ではなく結果です。原因を探し出し、原因を取り除くことが、腰痛の根本的回復と維持には必要です。

腰の椎間板ヘルニアの改善例

30代前半の男性

腰のヘルニア(腰椎椎間板ヘルニア)と10年前に診断された方です。来院の前日にぎっくり腰をやりました。痛み止めを服用しています。仕事は基本的には座っているデスクワークです。趣味でサッカーとゴルフをしています。

左側の腰(特に仙骨の左側)が痛みます。背中の中央部が硬く張っています。体を左側に捻ると、腰の左側が痛みます。上体を後ろに反らしても痛みます。上体を左側に曲げても痛みます。首の張りもあります。顔は左側に向けづらいです。左足で着地するとき腰が痛みます。右膝が痛むこともあります。

整形外科で牽引と電気治療を受けましたがあまり改善しないので、整体院(当院とは別の)に行き、腰と脊椎と首の矯正をしてもらったことがあります。

サッカーとゴルフを続けながらの治療(施術)なので、改善には波がありました。ある程度改善しても、練習で痛みが再発することもありましたが、8回の施術で腰痛、と膝痛は解消しました。

ただ、腰のヘルニアを持っているので、疲労困憊したり無理な動き、激しい運動をすると腰痛は再発する危険性はあるので、定期的な調整が大切だと思います。

腰椎がつぶれて腰が痛む

60代後半の男性

30年前に、二階から落ちて腰椎1番をつぶしました。それ以来、腰椎1番が炎症を起こすと、腰が痛むようになりました。ずーっと座っているのが一番辛いです。仰向けの姿勢も立っているようり辛いです。

仕事は建設設備の会社で働いています。事務的作業と現場作業が半々くらいです。趣味は渓流釣りです。腹筋を鍛えています。針治療は週に2回、定期的に通っています。治療を受けていると安心感があります。酒を飲む機会は多いです。

上体を後ろにそらすと腰が痛みます。立っているだけでもうっすらと痛みはあります。左肩が上がり、上体が右に傾いていて、右方向への捻れがあります。前かがみの姿勢の方が楽なので、体(特に上体)をまっすぐ直立しづらいです。仰向けの姿勢が辛いせいか、あまりよく眠れません。背中が固まっている状態です。

施術を重ねるにつれて、良く眠れるようになり、上体もまっすぐに伸ばせるようになってきました。腰の痛みも和らいできましたが、渓流釣りに出かけた後は、体をかなり使ったことと下半身が冷えたことで、痛みが戻ってきた感じのときもありましたが、施術後は、痛みはかなり軽くなりました。

腰椎1番が潰れているので、完全に腰痛解消と体の歪みの完全な解消は難しいですが、定期的に整体で体を調整していれば、日常生活では辛いと感じない程度の良い状態は維持できると思います。

腰に力が入らない、大腿部のしびれ、腰痛

30代前半の女性

数日前、朝起きたときに、腰に違和感を感じました。腰に力が入らない状態です。立ち上がっても、腰を真っ直ぐには伸ばせず、腰を90度に曲げて歩いている状態でした。腰を伸ばすと体が崩れそうな感じでした。温シップを貼りましたが、改善しないので、整体を受けてみようと思いました。

腰痛の女性

5年ほど前にぎっくり腰を2回繰り返しました。1週間寝てて治りましたが、その後も妊娠中に腰痛になり、出産後も腰痛など腰の不調に悩まされています。大腿部の左側にしびれもあります。体を冷やすと膀胱炎になるので、医者からもっと水分を取るように言われています。

腰の痛む箇所は、左右の骨盤の上の方です。特に左側の骨盤の縁(腸骨の上)辺りが痛みます。腰(上半身)を左側に倒せません。背中を反らす(後屈)も怖くてできない状態です。脚のしびれは、左の大腿部の側面(外側)にあります。頭は左側に移動(傾き)してる感じです。肩甲骨は右側が下がっていて、外側に開いています。

施術では、まず仙腸関節を調整してから全身、特に腰部の凝りと張りを緩和し、骨格全体を整えていきました。骨盤と背骨の歪みが解消していき、腰の張りが緩和してくるにしがって、腰が伸びてきて、左側にも倒せるようになってきました。

6回ほどの施術で、日常生活には支障のないレベルにまで回復しました。

※施術効果には個人差があります。

腰痛・肩コリ・手のしびれ・冷え性

30代半ばの女性

育児で子供を腰(骨盤)で抱っこしてて、腰を傷めました。腰の左側に鈍痛があります。前かがみで家事や作業をし続けた後は、両方の肩がコリます。子供をおんぶすると両肩が痛みます。

朝起きたときに、手の指先(両手)がしびれています。冷え性です。夏場の冷房がきつい部屋にいると、全身が痛くなり、だるくなります。

右肩が下がり、背骨がゆるく左側に湾曲しています。頭は少し左側に回旋しています。両肩が硬く張っています。腰は左側の骨盤(腸骨)の上が痛みます。肩甲骨の辺りの筋肉が盛り上がっています。

施術では、まず骨盤(仙骨と腸骨)を矯正しました。全身を揺らす手技を中心にして、筋肉の張りと背骨の歪みを修正していきました。

3回ほど整体した後で、ほぼ体の歪みが解消し、腰痛も解消し、肩コリも緩和しました。手のしびれもありません。背中と腰の張り、下肢の筋肉の緊張が緩和したので、血流が良くなり、冷えも改善したと喜ばれました。

※施術効果には個人差があります。

腰痛・慢性疲労・胃弱・不眠が解消

40代前半の男性

仕事はスポーツクラブのインストラクターです。趣味でもサッカーなど運動をしています。来院の2ヶ月ほど前に尿管結石で治療を受けました。手術はしていません。血圧は低めです。睡眠時間は5時間ほどです。

症状としては、腰痛と左臀部の凝りがあります。立ってるだけで痛むことがあり、仰向けでもうつぶせでも腰は痛みます。後ろに反らすときが一番痛みます。

次は、慢性疲労感です。5年ほど前からです。消化器官が弱いせいか、下痢をよくします。胃が弱いです。口内炎によくなります。不眠もあります。熟睡できていません。子供が生まれてからは睡眠不足です(子供は3歳)。それ以外では、0脚もあります。

腰に関しては、整形外科で検査しましたが、骨には異常がないと言われました。

いくつもの症状が同時に出ていて、疲労感も含めて体調があまり良くない状態なので、まずは特定部分の治療(施術)より、全身の骨格バランスと内臓状態の調整を念頭に施術しました。

初回の施術後に、腰痛は軽減しましたが、帰宅時に車を運転していた時に、腰が痛くなりました。施術の翌日から2日間は、体全体が辛く感じました。好転反応(整体などの施術を受けた後に、体が回復するときに出る身体反応)だと思います。それ以降は、施術直後より体が軽くなり腰も軽く感じられ、疲労感もあまり感じないようになりました。

4回目の施術の後の休日に、子供を抱っこして動物園内を5キロほど歩きましたが、腰に違和感は出たものの、痛みまでは感じませんでした。

5回ほどの施術で、夜も良く眠れるようになってきたし、食欲も出てきて、胃もたれなどもなくなってきたので、治療(施術)を終了しました。

※施術効果には個人差があります。

腰痛と背中の張り

30代の男性

腰痛で来院された30代の男性。4年前にも同じ腰痛でカイロに通ったそうです。痛み出したのは昨日。仙腸関節と背骨の調整をした後、首と股関節を調整しました。

背中の張りも凄いので、背筋を緩める手技を追加。施術後は、腰痛は解消し首肩がとても楽になったと、1回で解消したことに驚いていました。

※施術効果には個人差があります。全ての方の回復を保証するものではありません。

妊娠中の腰痛

腰痛の妊婦妊婦さんの腰痛の原因は、大きく分けて2つあります。一つ目は、妊娠によってホルモン分泌が変わることによる影響。二つ目は、お腹が大きくなることで重心が変化し、筋肉の疲労が回復しにくくなったり、腰部への負荷が大きくなるためです。

妊娠するとリラキシンというホルモンの分泌が盛んになります。赤ちゃんが生まれるときは産道(膣)を通ります。出産に向けて骨盤を開いていく必要があります。左右の骨盤の靭帯を緩ませ、赤ちゃんがスムーズに降りてくることができるように作用するのが、このリラキシンというホルモンなのです。

靭帯は関節を支えていますが、この靭帯が緩むと骨盤や腰椎などの支えが不十分になります。そのためそれを補うために、周囲の筋肉が硬く緊張して骨盤などを支えようとするのですが、それでも骨盤周囲や腰部、股関節に関わる関節が不安定になり、結果的に腰痛の発症へつながるようです。

リラキシンは、妊娠初期から分泌されるため、お腹が大きくない時期にも、腰痛を起こす可能性があります。お腹が大きくなるにつれて、体のバランスを保つために、自然と腰を反らせたような姿勢になり、腰椎や腰を支える筋肉の負担が増します。

このような姿勢になっても腰痛が出ない妊婦さんもいますが、妊娠する以前に腰に問題があった人は、腰痛を再発する可能性が高いようです。腰痛の他にも、足の付け根やお尻の痛み、(下肢)太腿へのしびれなどが発生することもあります。

当院の施術はとてもソフトなので、妊娠中の方でも安全です。うつ伏せの姿勢が取れなくなる妊娠後期の妊婦さんでも、座った姿勢や仰向けの姿勢で腰痛緩和の施術を受けていただけます。

予約ボタン

睡眠不足が腰痛の原因に

寝不足

腰痛の人で睡眠不足の人は少なくないです。腰痛と睡眠不足は関係ないと思われるかも知れませんが、かなり密接に関係しています。

●施術しても、結果が思わしくない場合。

●施術後に調子がよかったのに、数日後、来院されたときに腰痛再発された場合。

●ぎっくり腰の場合。

などに該当する人に、睡眠状況を尋ねると、多くの場合、睡眠が5時間を切っていたり、就寝時間が不規則だったりします。

睡眠を十分にとってないと、体の疲労が蓄積していくだけでなく、睡眠中の寝返りで、体が自発的かつ自然に骨格の歪みや筋肉の凝りを十分に修正することができず、歪みも蓄積していくことが考えられます。

睡眠中に成長ホルモンが分泌され傷ついた細胞が修復されます。睡眠不足では、体の修復がちゃんとできないのです。もちろん、疲労も十分には回復せず蓄積されていきます。

最低でも6時間、理想的には7時間くらいは、睡眠を確保したほうがいいと思います。

背骨と内臓の不具合での腰痛

器質的(身体の臓器・器官)な原因としては、「背骨に原因があって起こるもの」「内臓の病気が原因で起こるもの」に、大きくわけることが出来ます。

【背骨に原因がある腰痛】

・椎間板ヘルニア
・腰部脊柱管狭窄症
・変形性脊椎症
・骨粗鬆症
など

【内臓の病気が原因の腰痛】

・腎臓結石
・尿管結石
・大動脈瘤
・婦人科の病気
・悪性腫瘍
など

腰痛の種類

腰部の解剖図

ぎっくり腰

ぎっくり腰の男性長期間に渡って腰に負担をかけ続け、腰に疲労物質などが蓄積していると、重いものを持たなくとも、腰を急激に捻らなくとも、前傾姿勢をとっただけでも、ぎっくり腰になることがあります。強く捻った場合には、筋肉や靭帯を傷めてしまうこともあります。

重症の場合は、激痛のため身動きできなくなり、寝返りをうつことすらできなくなります。ぎっくり腰痛をはじめて経験した人はあわてますが、楽な姿勢で寝ていれば、痛みがやわらいできます。多少動けるようになったら、整体で腰を調整してもらったり、強い痛みと患部に熱があるようなら整形外科に行きましょう。

脊柱管狭窄症

腰椎の中心部から背中寄りの空間(脊柱管)には、脳から続いている脊髄神経が通っています。脊柱管狭窄症は、その脊柱管が狭くなって神経を圧迫し痛みやしびれなどの症状が出る状態です。老化による背骨の変化が原因の場合と、打撲など外傷が原因の場合があります。

腰が痛むだけでなく、歩行時に脚がしびれ、疼痛、冷感などが出ることもあります。いったん立ち止まり、しゃがんで上体を前屈すると楽になるので、また歩けるようになります。これを間欠歩行と呼びますが、この症状の特徴です。

(腰部)椎間板ヘルニア

20代、30代の比較的若い人に多く発症します。椎骨と椎骨の間にある椎間板の中にある髄核が後方に飛び出し、その為に神経が圧迫され、腰痛や坐骨神経痛を起こすものです。

症状は左右どちらかに起こります。痛みは腰部だけでなく大腿部の後側から下の方へ痛みやしびれなどが出ることもあります。重症のときには、体を直立させることができないくらい腰部と脚に痛みとしびれが発生します。

仰向け(上向き)に寝て、ひざを伸ばしたまま、足を上げようとすると、腰から下肢のうしろ側が痛んで高く上げられないのは、この病気の重要な兆候です。痛くて靴下をはく動作ができにくくなるといった症状が出たら要注意です。

椎間板性腰痛

椎間板の老化や過度の負担によって椎間板性腰痛は起こります。椎間板は年齢とともに老化しますが、ハードなスポーツや重いものを持ったりする仕事を長期間続けることによる過剰な負荷などによっても発症します。

老化した椎間板はひび割れが起こりやすい状態になり、椎間板に亀裂が入ってきます。その結果、椎間板の水分が失われ、クッションの役割を果たせなくなり、神経が刺激され腰痛を感じるようになります。椎間板性腰痛の特徴は、数分から数十分間座っていたり立っていたりすると、痛みが強くなり、同じ姿勢を保てなくなり、横になると和らぐことです。

脊椎分離症

脊椎の上下の関節突起の間が切れた状態を脊椎分離症と呼びます。脊椎の一番下、腰椎5番に起こる事が多いのですが、分離していても腰痛の出ない人もいます。

分離症があるために椎骨の前の部分が前方にすべった状態になるものを分離すべり症と呼び、腰痛や足のしびれの原因となることがあります。

分離していなくても、すべり症が起こることがあります。椎間板の変化が原因なので変性すべり症と呼ばれます。これは、腰椎4番の部分で女性に起こることが多く、がんこな腰痛の原因となります。

変形性腰椎症

脊椎に老化による変化が起こると、椎間板が狭くなり、椎体(背骨)に骨棘が形成(椎体の角がとがってくること)されます。ひどいときは、隣の椎体が骨棘によってつながってしまいます。こうした症状が腰椎に起こって腰痛の原因となった場合を、変形性腰椎症と呼びます。

静止した状態から動き始める時が辛く、朝起きた時に一番腰痛が強かったり、座っていて立ち上がる時に痛むこともありますが、動きはじめてしばらくすると、腰痛も楽になってくるようです。冷えると痛みが強くなるのも特徴です。

坐骨神経痛

坐骨神経痛の代表的な症状は、臀部裏側から太もも裏側へかけての鈍痛です。初期症状は特に激しく痛み神経痛と同様のことがありますが、多くの場合は、それほど激しく痛むことはないようです。

しかし、この状態を放置しておくと、しだいに症状が重くなっていき、しびれが出る範囲がお尻から太腿へ、さらには足先へと広がっていきます。

坐骨神経痛の典型的な症状であるしびれは、骨盤の歪みなどで、お尻の深い部分を走る坐骨神経が刺激され発症します。

しびれは、初期段階では、ちょっとした動作によってチクッとする程度ですが、しだいにズーンと重い痛みに変わり、次にはズキズキとした継続的な痛みへと変化していきまうす。こうして神経が圧迫される度合いに比例して神経痛は大きく、範囲が広くなっていきます。

初期症状の特徴のひとつは、特定の姿勢によって痛みが発症することです。神経への圧迫が重くなってくると、どんな姿勢をとっても痛みます。

腰椎すべり症

脊柱管狭窄症の一種で原因になっているのが、腰椎すべり症です。すべり症は、腰椎に過剰な負荷がかかる事によって、腰椎がずれたりすることで発症します。その結果、脊髄中枢神経が圧迫され、周辺の筋肉が炎症を起こしてしまい、激しい痛みが発症します。

この痛みは炎症を抑えることで緩和します。2~3日は安静にしておいて筋肉を休ませる必要があります。炎症が治まれば、発症時に比べかなり痛みが治まり、同時に腰の動きもある程度回復してきます。

すべり症でも、長時間の歩行が難しいという間欠跛行が起こります。長時間歩くと疲労と痛みが出てきて、歩くことができなくなりますが、少し休むと歩けるようになるのが特徴です。

腰椎すべり症は前屈したときよりも、上体を反らしたときに痛みが出ることが多く、脊柱管狭窄症を併発している可能性が高いです。

脊柱管狭窄症と腰椎すべり症は、脊椎の歪みが原因なので、放置しておいても自然には治りません。

 

予約ボタン

川越の整体で腰痛解消!
不調はがまんせず、今すぐお電話を!
ご予約…tel:049-223-2017
電話受付時間/9:00~21:00 (不定休)
当日のご予約は電話でお願いします。
川越市末広町3-10-2ファミール末広201