No Image

癌で死ぬ人の割合がトップになった日本です。手術以外の治療では、抗がん剤がよく知られています。その抗がん剤は免疫力を低下させます。細胞を殺す毒薬だから、副作用も強烈です。だから生活の質は低下します。たとえ癌細胞が一時的に縮小しても、体力が無 ...

No Image

ステロイドを処方され服用している方は、当院のお客さんにもいます。
必要があって服用しているのは当然ですが、ステロイドは、非常に効果が高い反面、副作用も強いことを知っておいたほうが安全です。

短期間の服用での劇的な症状の ...

No Image

うちに来院される方でも、鎮痛剤、胃薬、風邪薬、睡眠薬(睡眠導入剤)、降圧剤などを常用している人はかなり多いです。

薬を常用していると、免疫力が低下します。だから病気に罹りやすくなり、治り難くなるのです。その結果寿命が縮むのです ...

No Image

抗菌薬(抗生物質)は細菌を殺す薬です。ウィルスが主な原因である風邪やインフルエンザには効きません。それどころか、耐性菌を作る元になります。抗菌薬が気軽に処方された結果、抗菌薬が効かない耐性菌が増え続けています。

抗生物質は多細 ...

No Image

世界的にみると、日本人は薬好きな国民と言えるようです。

日本の人口は比率で言えば世界の人口の2%にしか過ぎないのに、日本の薬の使用量は世界の薬の30%を占めています。 世界の医薬品市場規模は、約80兆円(2006年) 日本の医 ...

No Image

冬になると、風邪をひく人が増えます。当院の患者さんの中にも、風邪をひいている人がいます。その中の何人かは、風邪薬を飲んでいます。

風邪の治療といえば、まっさきに思い浮かぶのは「風邪薬」だと思いますが、本当に「風邪薬」を飲むと、 ...

No Image

寒暖の差が激しく、天候が安定しないせいか、風邪をひいている人をちらほらみかけます。これから寒くなるといよいよ本格的な風邪の季節ですね。

風邪は約150種類のウイルスによりひきおこされる疾患です。かぜ薬や抗生物質を服用しても風邪 ...

No Image

現在の日本の医師(特に内科・精神科関連)の実態は、機械的に診断・投薬するだけの、製薬会社の営業担当だと言ったら言い過ぎでしょうけど、それに近い医師も多数いることは確かだと感じています。

医師の中には、薬の副作用に関してあまり知 ...

No Image

薬は毒です。戦前は薬学部とは言わず「毒物科」と言っていたそうです。「薬」と呼ぶから何か安全で効果だけがあるように勘違いするのでしょう。薬を長期間常用すると、副作用の問題とは別に、寿命を縮めると考えています。

うちに来院される方 ...

No Image

季節を問わず、疲れがたまってきたり、体力が落ちたりすると風邪をひきやすくなります。風邪をひいたら風邪薬を飲むのが常識のように思っている人が多いです。

風邪の治療といえば、まっさきに思い浮かぶのは「風邪薬」だと思いますが、本当に ...