生理学(体の仕組みと働き)

生理学(体の仕組みと働き)

No Image

夏場になると、食中毒が増えます。気温が上がると細菌が繁殖しやすくなるからです。冬場にも増えますが、生牡蠣などが冬場が旬のためだと思われます。

僕も何度か食中毒にかかったことがあります。一番最近のは、ノロウイルスの感染でした。泊 ...

生理学(体の仕組みと働き)

No Image

ピアスをすると、その部分を中心に体が常に刺激されるから、体が興奮状態になり、体調が変わったり(悪い方に)、施術の刺激が入りづらくなるようです。特に体幹部(胴体)に入れるのは良くないそうです。

ピアスをしてもなんともない人もいま ...

生理学(体の仕組みと働き)

No Image

マッサージや指圧を受けて、次の日コリが戻るのは、身体に問題があるのではなく、マッサージの方法が間違っている(多くは強すぎて筋肉の組織を傷めている)可能性があります。

背筋を例にとると、筋肉は背骨を中心にして左右で、コリや張り方 ...

生理学(体の仕組みと働き)

No Image

ここ数年、ニュースを見てると、心筋梗塞など心臓の病気で亡くなる人が増えてるような気がします。

心臓の病気の原因は過労、ストレス、睡眠不足など様々ですが、先天性のもの以外は、上記のような不健康な生活習慣が共通してあると思います。 ...

生理学(体の仕組みと働き)

No Image

胆嚢(たんのう)と聞いても、どこにあるのか?何をする臓器なのか?知らない人が多いと思います。

胆嚢は、肋骨の右側の下、中央部にあります。肝臓の中央部に隠れているように位置しています。茄子のような形をしています。

胆 ...

生理学(体の仕組みと働き)

No Image

脾臓と聞いても、どんな臓器か知らない人が多いと思います。

脾臓は胃の裏側(背中側)にあります。脾臓の存在を実感できるのは、食後、すぐに走ったり運動したときに感じることがある、左脇腹や背中の左下の痛みです。これは脾臓の痛みです。 ...

生理学(体の仕組みと働き)

No Image

忙しい毎日の生活で、胃腸が疲れている人は少なくないと思います。当院にも、胃腸の不調で訪れる方がいらっしゃいます。

胃腸が疲れると、どのような影響(症状)が出ると思いますか?胃もたれ、食欲がない、下痢などはすぐ思い浮かびますが、 ...

生理学(体の仕組みと働き)

No Image

副腎と言われても、知らない人のほうが多いと思います。
ごくカンタンに説明すると、副腎は血圧、血糖、水分・塩分量などの体内環境を最適な状態に保つためのホルモンを作っている臓器です。

この副腎が疲れて機能低下すると、慢性的 ...

生理学(体の仕組みと働き)

No Image

膵臓は、消化液を作り、糖をエネルギーに変えるためのホルモンであるインスリンを分泌します。

膵臓は左右約15cmの鱈子のような形をしていて、胃の裏側にあります。疲れてきて機能低下していても、はじめのうちは、検査にもひっかからず、 ...

生理学(体の仕組みと働き)

No Image

腎臓と聞いても、何をしてる臓器?と思う人は少なくないと思います。

知ってるという人でも「血液をろ過して、尿をつくること」と答えると思います。

でも、腎臓には、それ以外にも生命維持に欠かせない働きをしているのです。