生理学(体の仕組みと働き)

生理学(体の仕組みと働き)

脾臓

脾臓と聞いても、どんな臓器か知らない人が多いと思います。病院でもあまり注目されない臓器ですが、脾臓は大切な役割があります。

脾臓は左の上腹部、胃の裏側にあります。上は横隔膜に接していて、内側は左の腎臓と接しています。肋骨の下に ...

生理学(体の仕組みと働き)

No Image

ここ数年、ニュースを見てると、心筋梗塞など心臓の病気で亡くなる人が増えてるような気がします。

心臓の病気の原因は過労、ストレス、睡眠不足など様々ですが、先天性のもの以外は、上記のような不健康な生活習慣が共通してあると思います。 ...

生理学(体の仕組みと働き)

胆のう

胆嚢(たんのう)と聞いても、どこにあるのか?何をする臓器なのか?知らない人が多いと思います。

胆嚢は、肋骨の右側の下、中央部にあります。肝臓の中央部に隠れているように位置しています。茄子のような形をしています。

胆 ...

生理学(体の仕組みと働き)

No Image

副腎疲労を整体で改善

副腎と言われても、知らない人のほうが多いと思います。ごくカンタンに説明すると、副腎は血圧、血糖、水分・塩分量などの体内環境を最適な状態に保つためのホルモンを作っている臓器です。

副腎の役割をひと言で表せば「 ...

生理学(体の仕組みと働き)

No Image

膵臓は、消化液を作り、糖をエネルギーに変えるためのホルモンであるインスリンを分泌します。

膵臓は左右約15cmの鱈子のような形をしていて、胃の裏側にあります。疲れてきて機能低下していても、はじめのうちは、検査にもひっかからず、 ...

生理学(体の仕組みと働き)

No Image

腎臓と聞いても、何をしてる臓器?と思う人は少なくないと思います。

知ってるという人でも「血液をろ過して、尿をつくること」と答えると思います。

でも、腎臓には、それ以外にも生命維持に欠かせない働きをしているのです。

生理学(体の仕組みと働き)

No Image

うんこやオシッコは汚いものの代名詞ですが、実際は、うんこでさえ、前日の消化されなかった食物、水、塩類、腸の細胞、生きている細菌類とその死骸、それと色素などで構成されていて、有害な病原菌は(少なくとも日本では)ほとんど含まれていません。

生理学(体の仕組みと働き)

No Image

施術に来る方は、メンテナンスの方は別にして、体の異常、不調を抱えている方とそれと関連しますが、猫背や骨盤の歪みなど姿勢の歪みなどを解消して美しくなりたい方です。

施術だけで回復できればいいのですが、生活習慣も改善しないと、回復 ...