脊椎は調整の基本(誇張法について)

当院では、いくつかの手技慮法(全体のくくりでは整体になります)を、症状や体調、体質、年齢、性別などに応じて、その時々で最適な方法を選んで使ってます。

今メインの使っている手技療法の一つは、オステオパシーの誇張法と呼ばれる方法で、斉藤先生という方がアメリカで生まれたオステオパシーという手技療法をベースにして、独自に考案した手技療法です。

誇張法の基本になるのは、脊椎の調整です。全部で24個ある椎骨(脊柱の骨)全てを調整します。その基本にプラスして、骨盤、頭蓋骨も調整し、必要ならば、膝関節、足首の関節、肘の関節、股関節の関節、肩の関節、恥骨結合など、全身の関節も調整します。

脊椎の中には神経が通っており、各脊椎からは内臓に情報を伝達し内臓から情報を脳へ伝えるための神経が枝分かれしています。

脊椎に異常があれば、その脊椎に対応した内臓などの機能に問題や障害が生じることもあります。逆に、内臓に機能不全など不具合が生じれば、脊椎に異常が現れます。

誇張法では、直接、ごく軽い力で背骨に触れるだけですが、そのような物理的な刺激だけでなく、それと同時に、施術の方法の一つとしてイメージの力を活用しています。

単に、固まっていたりズレたりしてる椎骨をゆるめて適正な状態にするだけでなく、椎骨とその周辺の身体組織をイメージすることによって、その椎骨と関連する内臓も調整可能だと考えています。

脊椎がどう捻れているとか、どっちの方向に回転しているとか、ズレているとか、腰椎の何番と何番の間が詰まっていて動きが悪くなっているとかまで触診によって状態を把握した上で、脊椎に刺激を与え、同時にイメージで調整していけば、より精度が高く効果的な施術ができるはずです。

●この記事が気に入ったらクリックしてください人気ブログランキング


………………………………………………………………………………………………………..
埼玉県の整体院…ヒロ自然療法院で体調不良解消!
■Tel/049-223-2017
■所在地:埼玉県川越市末広町3-10-2ファミール末広201
………………………………………………………………………………………………………