大震災から6年が経ったが

東北の大震災と津波から6年が経ちましたが、福島の原発事故で避難している人は、12万3000人もいます。津波被害で仮設住宅にう住んでる人も、いまだに、3万4000人います。

震災復興のための名目で、税金が取られているにも関わらず、6年経った今でも、お金で解決できるようなことでさえ、まだ、充分に復興が進んでない部分、地域があります。

東京オリンピックには多額の税金が投入されますが、そんなお金があるなら、復興を優先すべきです。

地震と津波の対策が不十分だと指摘されていたにも関わらず、予算をかけるのが嫌だったのか、原発の事故対応は不十分でした。その結果、未必の故意とも言える、政治家、東電の不作為で、あのような大事故になったと言えると思います。

原発事故に一番の責任がある東電と原発政策を推進してきたにも関わらず、安全対策に手抜きをした政治家、官僚は、誰一人として逮捕もされず、責任すら、公の場では問われていません。

福島に限らず、東北、関東は濃淡はありますが、放射能汚染されています。食品は全国に流通していますし、汚染された瓦礫は全国的にちらばって処理、焼却されたとも聞いています。その結果、日本全国が多少なりとも放射能汚染されています。

1~2年前から、著名人、有名人の突然死の報道が増えてきたように感じていますし、お客さんや自分自身の知り合いでも、突然亡くなったという知らせを聞くことが、明らかに増えています。

原発をいまだに推進したいと思っている政府や電力業界関係者は、彼らに同調ないし従う、専門家や医師の口を使って、突然死や健康被害と放射能汚染の因果関係を否定しますが、全く影響がないはずがありません。それは実感として感じます。

どんなにやりたいことがあっても、どんなに立派な社会的な計画があっても、それをやる土台である健康が損なわれたら、そんなものは砂上の楼閣です。あるていどできても、土台が崩れたら崩壊します。

自己(事故)責任を取らない人達と、取らせようとしない大多数の国民がいる限り、この国に明るい未来など来るはずがありません。

それが、気分的に暗雲が垂れ込めているような気分が、何となく続いているような気がする遠因のような気がします。

●この記事が気に入ったらクリックしてください人気ブログランキング


………………………………………………………………………………………………………..
埼玉県の整体院…ヒロ自然療法院で体調不良解消!
■Tel/049-223-2017
■所在地:埼玉県川越市末広町3-10-2ファミール末広201
………………………………………………………………………………………………………

原発事故関連

Posted by desk@toiee.jp