親の状態は子に影響する

1歳の子供のいる女性が通院していたときのことです。

身体を動かすことが好きな活動的な女性でしたが、出産後に体調を崩してから、運動をしなくなり体重が10キロも増えたとのことでした。

全身の倦怠感を訴え、身体に歪みもあり、膝と顎の調子も良くない状態でした。夫婦生活にストレスを抱えていることもあり、不安があると言ってました。

ちょっとしたことで、幼い我が子に当ることがあり、すまないとは思うが止められないことがあるといいます。

いろんな病院を受診しましたが、薬を処方されるだけで、ちゃんと話も聞いてもらえず、いっこうに改善しなかったためか、病院の医療に対して不信感があるようでした。

1回目の施術後では、少し身体が軽くなった程度の感想でしたが、その日の最終回だったため、終わった後も少し話しをしました。

「子供、特に幼児は、親の心身の状態、特に精神的な面にすごく敏感で、母親の気分と心理状態が直接伝わっているから、ダダをこねたり、精神的に不安定なのは、叱っても無駄ですよ。まずはお母さんの心身の状態が良くなり安定してないと、子供も落ち着かないです」

というような話をした後は、納得して少し気も楽になったよう様子でした。

2回目の施術のときに、翌日の方が体調が良くなり、身体を動かしたくなり、散歩を再開したとのことでした。なんと1時間も歩いたと言ったので、無理しないでと伝えました。

何よりも喜んでいたのは、子供との関係が良くなったことです。体調が良くなってきたら、精神的にも余裕が出てきて、子供に当らなくなったことでした。朝起きたときにも、気分がいいので、子供と小一時間ほども遊ぶようになったので、子供の機嫌もすこぶる良いとのことでした。

彼女自身の表情と肌の艶も、前回とは見違えるように明るくつやつやしていて、全てがいい方向に変わり始めたようでした。

こんなときは、心底からこの仕事をしてよかったと思います。

●この記事が気に入ったらクリックしてください人気ブログランキング


………………………………………………………………………………………………………..
埼玉県の整体院…ヒロ自然療法院で体調不良解消!
■Tel/049-223-2017
■所在地:埼玉県川越市末広町3-10-2ファミール末広201
………………………………………………………………………………………………………

2016-10-20育児・教育について

Posted by desk@toiee.jp