合成洗剤を使うリスク

合成洗剤は主として石油から作られます。合成洗剤に含まれている合成界面活性剤の残留分は、女性ホルモンを撹乱するノニルフェノールと言う化学物質(環境ホルモン)に変化します。ノニルヘノールは、衣類から皮膚表面へ付着し体内へ浸透していきます。

十分に衣類をすすいでも、合成洗剤は衣類に残留します。洗濯する回数が増えるほど、合成洗剤の成分が残留し累積していきます。

合成界面活性剤で精子は死にます。だから避妊薬として販売されていました。女性用避妊フィルムは、合成界面活性剤が主成分の避妊薬でしたが、発癌性があるため販売停止になっています。

ノニルフェノールによる女体への影響としては、乳ガン、子宮筋腫、子宮筋炎の他、不妊の原因にもなります。

合成洗剤の洗濯液は、分解が遅く、河川、地下水を汚染し、微生物を殺し植物の生長を阻害し飲料水汚染の原因になると指摘されています。

僕は粉石鹸の使用しています。石けんの原料は天然成分の動植物から取れる油脂です。ヤシ油、牛脂、ラード、なたね油、大豆油、米油、オリーブ油、パーム油、天ぷら廃油からも作ることができます。

石鹸は、すぐ水と炭酸ガスに分解されるので、合成洗剤のように水を汚染しません。石鹸のカスは微生物の栄養源となります。

僕は洗濯も歯磨きも、石鹸を使ってます。

●この記事が気に入ったらクリックしてください人気ブログランキング


………………………………………………………………………………………………………..
埼玉県の整体院…ヒロ自然療法院で体調不良解消!
■Tel/049-223-2017
■所在地:埼玉県川越市末広町3-10-2ファミール末広201
………………………………………………………………………………………………………

2016-10-12生活習慣の改善

Posted by desk@toiee.jp