回復初期の反応について

整体の施術を受けた後で、だるくなったり眠くなったり、施術直後に軽くなったり解消した症状が、再び強めに出てきたりすることがあります。

これは体調が悪化したり、施術の効果がすぐ切れたためと思う人が少なくないですが、体が慢性的な不調状態から回復しはじめたときに出る好転反応です。回復反応と言ってもいいと思います。

体調不良の人の身体というのは、骨格の歪み(特に背骨)、筋肉の凝り、神経の圧迫、血液やリンパ液の停滞などで、免疫力、回復力が低下して、痛み、しびれなど不快な症状や、身体を動かしづらくなっています。

また、身体の機能を自動調整している自律神経のバランスが崩れた状態になっていて、交感神経(心臓を活発に動かしたり、心身を緊張・興奮状態にし活動的で瞬発力を発揮できるような状態にする神経)が優位になっていることが多く、眠つきが悪く眠りが浅くなり、疲労回復が充分にできない状態になっていき、不調がさらに酷くなることもあります。

それが整体で身体を整える刺激を与えると、身体はその刺激に反応します。骨格の歪みが改善しはじめ、血流やリンパ液の流れも改善し、自律神経のバランスが回復しはじめます。

このとき、身体がだるくなったり眠くなったり症状が強く出たりしますが、これは身体が回復に向かって働きはじめたということなのです。

いろいろある好転反応の症状

・身体が緩みだるく感じたり眠くなる。
・身体の状態の悪い部分に痛みなどの症状が出る。
・排尿、排便(下痢)、発汗、鼻水などの排泄が促進され、体内の毒素や老廃物が排泄される。
・熱が出る。免疫機能が高まった時などに発熱することがあります。
・悪い部分が腫れる。

好転反応が出やすい人

痛みなどの症状が長期間続いている人や症状が思い人ほど、好転反応が出ることが多く、症状も強くでることが多いですが、出ない人も少なくありません。
好転反応が出る人の方が、身体の反応が良く、感覚が繊細だと言えると思います。

その他に、長期間薬を服用している人、特に効き目の強い薬を服用している人、食品添加物や農薬などの化学物質を多く長期間摂取した人、肉や脂肪の多い食生活の人は、好転反応が出やすいようです。

好転反応が出るタイミング

早い人で施術の直後にだるくなったり眠くなったりします。好転反応による症状は、早い人でその数十分後、多くは、翌日か2日後が多いようです。

好転反応が続く期間は、数時間から数日(2~3日)と個人差があります。好転反応が過ぎた後は、回復が順調にすすみ、グングン良くなることも少なくありません。

好転反応は、初回施術後に感じることが多いですが、2回目以降に出ることもあります。

好転反応が出た時は、すぐに横になれるときは、横になって休みましょう。夜は睡眠を充分に取り、体を冷やさないようにしましょう。食べ過ぎも良くありません。水分補給も忘れずに。長湯や熱いお湯での入浴はひかえましょう。

好転反応が出ると、せっかく整体に行ったのに悪化したと思いこみ、次の予約をキャンセルする人がたまにいらっしゃいますが、ご自分の体が回復に向けて活動をはじめたのだと知っていれば、余計な不安を感じずに済むと思います。

●この記事が気に入ったらクリックしてください人気ブログランキング


………………………………………………………………………………………………………..
埼玉県の整体院…ヒロ自然療法院で体調不良解消!
■Tel/049-223-2017
■所在地:埼玉県川越市末広町3-10-2ファミール末広201
………………………………………………………………………………………………………

施術について

Posted by desk@toiee.jp