スマホの見すぎにご注意!

エネルギー効率が良く電力消費も少ないので白色LEDライトが増えています。白色LEDライトは、青と黄色の光を掛け合わせて、白い光を作っています。そのため、LEDライトからはブルーライトと呼ばれる光が多く発光しています。

パソコン、液晶テレビ、スマートフォンや携帯電話、携帯ゲーム機などの液晶モニターの光は、LEDライトです。液晶モニターから発している光は、当然、ブルーライトが多くなっています(ブラウン管モニターからはそこほど多くのブルーライトは発光していません)。

仕事や通勤時間、待ち時間などでパソコン、スマホを見続けている人が多いですが、目は以前には無かったほdのブルーライトに晒されていることになります。

日の出と共に起き、日暮れと共に眠る体のリズムを、概日リズムと呼びます。目の網膜がブルーライトを認識すると、脳では眠気を導くメラトニンというホルモンの産生量が減少します。朝、目が覚めて太陽の光や部屋の明かりに含まれるブルーライトを浴びると、体内時計がリセットされ、体を活動できるよう活性化されます。

夜間、就寝前ににブルーライトを浴びると、体が睡眠へと向かうのを妨げてしまいます。夜中までスマホやパソコン、(液晶)テレビを観ていると、網膜がブルーライトを感知して脳のメラトニンの分泌が抑制されます。脳や体も活動状態のままでリラックスすることができなくなります。そのため、体内時計や自律神経が乱れてしまい、寝付けなくなったり、眠りが浅くなり朝起きるのが辛くなり日中は眠くなるなど、日常生活に支障が出てくることもあります。

ブルーライトは他の色の光と比べて光の波長が短いため、空中のチリやほこりにで散乱しやすいのです。その影響がパソコンやテレビの画面のブレやちらつきとして表れるため、目はピントを合わせようと余計に働くことになります。その結果、目の筋肉や視覚と直結している脳も疲労してきます。

ブルーライトは、紫外線の次に高いエネルギーを持っています。そのため網膜を強く刺激し、網膜や黄斑部にダメージをあたえ、網膜疾患や加齢黄斑変性症を引き起こすリスクが高まると言われています。

パソコン、スマホなどの電子機器はとても便利で、仕事にも私生活にも必要不可欠の必需品になっています。しかし使い方や使いすぎに注意しないと、不眠症になったり、慢性的に目が疲れたり、視力が低下したり、さらには精神的な疲労感や首肩のコリ、痛みまで引き起こします。また網膜が強い刺激に晒され続けると、交感神経が優位になり、リラックスできない状態になり、自律神経失調症の症状が現れてくる可能性が高まります。

便利な物ほど、使い方、使い過ぎに注意することが必要です。

眼精疲労(疲れ目)について

生活習慣の改善

Posted by 小林昌弘