牛乳についてのある見解

牛乳はウシの赤ちゃんの飲み物です。そこに含まれるたんぱく質は、人間が消化することのできないα(アルファ)型のカゼインが中心です。そのうえ、人間が飲む状態の牛乳(スーパーで紙パックに入った牛乳)は、加熱殺菌されているため、たんぱく質の分解に必要な酵素も死滅しているそうです(65度程度の低温殺菌された牛乳は別かも知れません)。

牛乳由来のガゼインなどの体に入っても分解できないたんぱく質は、未消化の状態なので腐敗し、腸の中を汚したり、アレルギーの原因となったり、発ガン物質を発生させたりするそうです。

日本人の 75%は乳糖不耐症(乳糖不耐症は、小腸でのラクターゼの働きに問題があるために起こる。ラクターゼの活性が低いところに乳糖を含んだ牛乳 のような食物が来ると、その乳糖をうまく分解できず、分解できなかった乳糖は吸収することができない。結果、腸管の中に乳糖が残ってしまうことで乳糖不耐症の諸症状が発生する。)です。このため、牛乳などの乳製品をとると便秘や下痢を起こし、腸の状態が悪化します。

カゼインは、胃の中でミネラル不足を起こすこともわかっています。特に、乳製品は鉄不足を招きやすいので要注意です。鉄は、赤血球やコラーゲンの材料で、酵素活性を促します。不足すると、体が冷えやすく、疲れやすくなります。また、粘膜障害からカゼを引きやすくなったり胃腸の状態も悪くなります。

ミネラルやビタミン不足になると、身体がうまく機能しなくなってしまい、健康や美容に大きな影響を及ぼします。とくにミネラルはビタミンや酵素、アミノ酸の働きを手伝ったり、タンパク質(細胞・肌の組織等)の合成や分解に不可欠な栄養素です。

このようにして免疫細胞の 70%が存在するといわれる腸が不健康になると、免疫力は低下します。腸が常に荒れているということは、慢性炎症があるということです。慢性炎症は、動脈硬化やガンなど、さまざまな病気のリスクを高めます。

食物について知りたい方はこちらから!


………………………………………………………………………………………………………..
整体なら川越の…ヒロ自然療法院で体調不良解消!
■Tel/049-223-2017
■所在地:埼玉県川越市末広町3-10-2ファミール末広201
………………………………………………………………………………………………………

2015-08-17食生活について

Posted by desk@toiee.jp