心が体を治す

心と体は、脳に起因するホルモンや神経伝達物質を通じて連携し、脳が体の他の部分(全身)に信号を送っています。

我々がどのように考え、感じるかが、体の様々な部分で生理学的変化を引き起こしているのです。だから、心身の健康のためには、どんなことを考え感じるかについて、もっと注意深くなる必要があります。

プラシーボ効果というものがあります。簡単にわかりやすく説明すると、薬を飲んだり、手術を受けたりしたと信じるだけで(適切で効果的な医療、特に投薬、を受けたと信じるだけで)実際に症状が軽減する現象のことです。

新薬や新たな手術方法が本当に効果があるか確かめるために、乳糖の錠剤や生理的食塩水の注射、偽手術などが、比較対照試験にしばしば使われてきました。プラシーボ効果(だけ)で、薬や治療の効果が出る場合が少なくないからです。偽薬、偽手術を施されたグループの患者より、本物の治療を受けた患者の症状軽減効果(治療効果)が高くなければ、その新治療法は効果があるとはみなされません。

プラシーボ効果が強く現れる病気があります。アレルギーなどの免疫疾患、糖尿病などの内分泌異常、胃腸炎などの炎症疾患、不安や抑うつなどの精神的疾患、パーキンソン病や不眠などの神経系疾患、狭心症などの循環器疾患、喘息や咳などの呼吸器疾患、そして痛み等です。

自分が疑いなく回復すると信じ、その楽観主義を共有してくれる医療者によって患者が支えられているときに、最も回復力が強く働きます。

心は体を治せるのは事実です!肯定的な信念と医療者の心を込めたケアが一体となったとき、体を癒し回復させる力が強く働くのです。逆も真なりです。否定的な信念と心ない医療者による手荒で適当なケア(治療)は、体を害し回復を遅らせます。

病気のことばかり考えてると病気に罹りやすくなります。何が体に悪いか知識がありすぎると、実際に体を害することがあるそうです。体を害する無数の方法について考え過ぎると身体症状を経験しやすくなるのです。これは科学的にも証明されています。実際、癌の専門医が癌に罹りやすいとか、治療家に短命の人が多いとかは、経験的にも納得できます。

月経前症候群(PMS)による痛みや症状も、一種のノーシーボ効果(否定的な信念が健康に悪影響を及ぼすこと)と言えるかも知れません。生理痛はあるのが普通と信じている女性は多いですが、その信念が、生理痛を引き起こしている側面がある可能性は高いと言えます。



………………………………………………………………………………………………………..
整体なら川越の…ヒロ自然療法院で体調不良解消!
■Tel/049-223-2017
■所在地:埼玉県川越市末広町3-10-2ファミール末広201
………………………………………………………………………………………………………

2015-08-11心と体の関係

Posted by desk@toiee.jp