『悼む人』…死を通じて生を考える

『悼む人』という前から気になっていた映画をみた。

死を通じて生の尊さを感じさせてくれる映画だ。久しぶりに観て良かったと感じた映画だった。

生きていることが、生きている人にとって、当たり前過ぎるから、生の尊さ、かけがえの無さが実感できない。
そんな殺伐とした現代社会を、死者の視線から生を見せ、考えさせてくれる映画。

何を感じるかは、その人の生き方、考え方、経験によって違うが、表面的な出来事だけに捕らわれずにちゃんと向き合いって観れば、必ず生とは何か?人生とは何かを感じ、考えさせてくれる、稀有な映画だと思う。

出演俳優は、僕が好きな人ばかりというのもよかった。
高良健吾、石田ゆり子、井浦新、貫地谷しほり、大竹しのぶ、平田満、戸田恵子、椎名桔平など。皆、演技が上手な実力派ばかりだ。

●この記事が気に入ったらクリックしてください人気ブログランキング


………………………………………………………………………………………………………..
埼玉県の整体院…ヒロ自然療法院で体調不良解消!
■Tel/049-223-2017
■所在地:埼玉県川越市末広町3-10-2ファミール末広201
………………………………………………………………………………………………………

映画・ドラマ

Posted by desk@toiee.jp