不調の原因と回復に必要なこと

単に症状の解消ではなく、真の意味での「健康」を取り戻すには、自分の存在の意味を再発見し、あるべき姿、したい生き方を取り戻すしかないのだと思います。

病気や不調は、生活と生き方と密接に関わっています。同じ症状や病名がつけられても、原因は人それぞれです。現代医学が言う、科学的で客観的なエビデンス(証拠・根拠)の有無で、病気の全体像を評価しきれるものでも、病気が治るか治らないか決まるものではないと思います。

科学は、物質的な現実感に根ざした唯物論の世界観です。唯物論で精神世界を含めた森羅万象を理解することも説明することもできないと思います。科学で説明できるのは、世界の物質的なごく一部の側面に過ぎません。生命現象や我々が感じ思考している世界の全てを、物理学や化学の言語で説明することは不可能です。

医学の常識を超えた治癒例は、探せばいくらでもあります。驚異的な治癒に必要なのは、薬でも手術でも遺伝子治療でもなく、身体性に基づいた、精神性と霊的インスピレーションです。

病気や症状は、健康回復しようとして体が反応し治癒(もとの健全な状態に戻ること)しようとする状態のことです。

病気は、遺伝的素因や空気、水、食物の汚染、偏った食事や、有害な添加物や放射線などが、相乗的に遺伝子に働きかけ、傷つけ、働きを狂わし、発病の下地を作り、発症します。

心の問題、精神のあり方も、体の状態に影響を与えます。嫉妬や過度の要求に苛まれ、深刻な未解決問題を抱え込み、無力感や自己嫌悪感、自己否定や恐れによって、安心感や希望を打ち砕かれた精神状態は、発病の引き金になります。

激しい感情的トラウマの体験後、1~2年で、癌などを発病する例は少なくないです。ストレスそのものを無くすことはできませんし、心身を活性化させておくためには、適度なストレスは必要とさえいえます。しかし、ストレスに適切に対処し解消できない状態は、健康にダメージを与えることは確かです。

我々の身体は、感情的、心理的、精神的な面において、強い抑圧状態におかれ、その発現が妨げられると、癌細胞など身体内異物の形をとって、別の形で発現し、そのエネルギーを発散させるという考え方もあります。

動作や姿勢は、心理状態を反映します。愉快な気分のとき、腕組みをして俯く人はいません。ましてや内臓など内部器官の調子(異常や不調)が動作や姿勢に反映しないはずがありません。

また、身体が機能的に異常があったり、器官が損傷してるときは、その異常が身体の動きや歪みとして反映されます。

態度、動作、話し方、気の使い方などは、普通、精神や心構えの問題として認識されますが、身体の状態が影響している場合もあります。慢性的に疲れている人は、周囲への注意力が低下し、身体反応や会話の反応も鈍くなります。

当院の整体は、「治す」のではなく「癒す」がコンセプトです。でも、癒しがテーマとは言え、施術で病気や不調が回復、解消することは大切なことだと考えています。

お客様に伝えておきたいことは、病気、不調(症状)と真正面から向かい合い、なぜそうなったか考え、理解しようとすることが、回復し健康維持するためには大切なことです。その過程を経た上での回復でないと、不調や病気は、ただ苦しく辛い経験になるだけです。

病気は、体についてはもちろんですが、心のあり方へのメッセージ、反省を促しよりいい状態に変わるためのメッセージだと思えたら、確実に回復への階段を登り始めたと言っていいと思います。



………………………………………………………………………………………………………..
整体なら川越の…ヒロ自然療法院で体調不良解消!
■Tel/049-223-2017
■所在地:埼玉県川越市末広町3-10-2ファミール末広201
………………………………………………………………………………………………………

医学・医療

Posted by desk@toiee.jp