テレビの脳への影響

テレビの長時間視聴は、言語知能などをつかさどる脳の前頭極に悪影響を与えます。東北大加齢医学研究所の川島隆太教授(脳科学)と竹内光准教授(同)らのグループが発表しました。教師方々の実感でも、テレビばかり見ている子供は、読解力が劣り、注意能力も劣っているとのことです。

大人でも影響はあります。テレビばかり見ていると、何かをしようという意欲が衰え、怠惰になり、思考が働かず、受け身の態度が身についてしまいます。テレビが民衆の洗脳装置だということは、放送する側、それを管理する側(政府など)はちゃんと認識しています。実際に、国民世論を誘導したり、(どんなに自分たち一般国民の不利益になる政策を実施したとしても)政府に反抗心を抱かせないよう洗脳するために利用しているようです。

日本のテレビにやたら挿入されてるテロップ(字幕)の目的は、視聴者に「ここで笑え」「これを注目しろ」「ここで感動しろ」と、感情や注意の焦点にまで指示を出すことにあります。視聴者は自分で考え結論を出さなくなり、テレビの指示の通りに自分の感情を同期させるようになるのです。これが洗脳されてるということの実態です。

「洗脳」という言葉が誇張だと感じる人でも、テレビから流れてくる多くの情報は、自分の人生にとってどうでもいい情報、自分とはまったく何の関係もない情報だと感じていると思います。

これは、テレビを視聴してる間は、自分の人生が止まっているということを意味します。もちろん優れた番組や必要なニュースもたまに流れますが、ほとんどは無駄、無意味な情報だとは思いませんか?テレビ長時間の視聴は人生の時間の浪費だと思います。


………………………………………………………………………………………………………..
整体なら川越の…ヒロ自然療法院で体調不良解消!
■Tel/049-223-2017
■所在地:埼玉県川越市末広町3-10-2ファミール末広201
………………………………………………………………………………………………………

生活習慣の改善

Posted by 小林昌弘