牛乳は完全栄養食品か?

牛乳は完全栄養食品だと言われていますが、本当でしょうか?

戦後、学校給食で出されるようになり、最近は利用してる人は少ないですが、毎日牛乳を宅配してもらってる家もかなりありました。毎毎日牛乳を飲むことを習慣にしている人も少なくないと思います。

牛乳はカルシウムを多く含んでいるので、成長期の子供に飲ませると身長の伸びたり、骨粗しょう症の予防になるとも言われています。

ですが、イギリスの医学誌「British Medical Journal」の記事によると、牛乳摂取量の多い人は寿命が短く、女性では骨折が増えるとの研究結果があるそうです(調査対象はスウェーデン人)。

牛乳は牛の赤ちゃんの食料です。子牛に必要な栄養素が多く含まれています。ですから、人、しかも大人が大量に飲むのには適していないと考えるほうが自然だと思います。

上記の研究によると、チーズやヨーグルトの摂取にも問題があるとのことです。発酵乳製品に多く含まれている「ガラクトース」という物質が、動物実験によると、老化を促進し寿命を縮めることがわかったそうです。

牛乳の主成分である「乳糖(ラクトース)」は、消化酵素・ラクターゼによってグルコースとガラクトースに加水分解され、小腸から吸収されますが、発酵乳製品はラクターゼの代わりに乳酸菌の働きで分解され、ガラクトースが作られます。そのガラクトースが体にダメージを与え、老化促進につながるということです。

アメリカ人女性は8人に1人が乳がんになるそうです。日本人女性は20人に1人ほどですが、その数は年々増加しています。戦前までは、牛乳は日本の日常的な食生活には無かったものです。敗戦後、日本は食糧難に陥り、アメリカからの救援物資として牛乳(粉乳)と小麦が日本の食生活に入り込んで来ました。

援助物資として来たのは短期間で、その後はアメリカから輸入することになりました。その結果としては、日本の伝統的な食生活が、じょじょにアメリカ化していきました。その象徴が牛乳と言えます。

現在は、日本国内で牛乳が生産されていますが、密集した場所で大量に肥育するためか、乳房炎になる雌牛が結構多く、その治療のために抗生物質や消炎剤などが牝牛に投与されるので、それが牛乳の中に混入しています。

さらに、日本人の85%の人は、牛乳の主成分である乳糖を分解する消化酵素・ラクターゼを持っていません。牛乳が栄養価が高く、完全栄養食品だとしても、それを分解・吸収できなかったら無意味です。

さらに牛乳の脂肪分は飽和脂肪酸なので、摂り過ぎは健康に良くないそうです。現代の酪農のシステムでは、生産効率を上げるために、妊娠中の牛からも搾乳しています。妊娠すれば胎児を守るために血中の卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の濃度が高くなります。妊娠中の牛から搾った牛乳には、これらの女性ホルモンがかなりの量含まれているのです。女性ホルモンは、乳がん、前立腺がん、卵巣がん、子宮体部がんなどのホルモン依存性の悪性腫瘍の原因になる主張する医学者もいます。

確かに栄養成分だけ観れば、牛乳は完全食品かも知れませんが、上記のように、果たして日本人にとって必要な食品か?安全な食品か?と問われれば、疑問を持たざるを得ません。



………………………………………………………………………………………………………..
整体なら川越の…ヒロ自然療法院で体調不良解消!
■Tel/049-223-2017
■所在地:埼玉県川越市末広町3-10-2ファミール末広201
………………………………………………………………………………………………………

食生活について

Posted by desk@toiee.jp