pH調整剤の危険性

コンビニは、どの町にもあり、たいてい徒歩圏内。日常生活に必要なものがイロイロ売ってて、とても便利です。まさにコンビニ(便利)です。

僕も利用することは、もちろんあります。でも、最近気になっているのは、コンビニで売っている食品は、流通経路が長いので、防腐処理がハンパないということです。

たとえば、パンです。特に、サンドイッチには、大量のpH調整剤が添加されています。pH調整剤は“日持ち向上剤”ともいわれ、食品の腐敗を防ぐ役目があります。でも、(大量に摂取すると)健康維持に欠かせない腸内細菌を殺してしまうそうです。

pH調整剤は、食品のpHを弱酸性(6.0~6.5)になるよう調整することで、食品の腐敗を抑える添加物です。クエン酸、フマル酸、重合リン酸塩など複数の成分が配合されていますが、一括して「pH調整剤」と表示されています。なので、消費者には具体的な添加物名がわからないようになっているのです。しかもpH調整剤は、使用する対象食品も使用量も制限がないので、コンビニチェーンや食品メーカーにとって非常に都合のいい添加物といえます。

普通は、食中毒防止に保存料を添加した場合には、「保存料(ソルビン酸カリウム)」などと具体的な成分を表示することが義務です。でも、最近は、保存料等の食品添加物の安全性に不安を感じている消費者が増えていて、コンビニや食品メーカーは、売り上げに響く可能性があるので、保存料はできるだけ使いたくないそうです。でも、製造からお店に並ぶまでに時間のかかる加工食品は、防腐処理をしなければ消費者が買ってすぐに腐ってしまいます。なので、保存料(防腐剤)の替わりに同じ効果があるpH調整剤の使用量が増えているようなのです。

pH調整剤に使われている添加物の中で特に問題なのはリン酸塩です。リン酸塩を過剰摂取すると、腸管から血液中にカルシウムが吸収されるのを妨げてしまいます。血液中のカルシウムが不足すると、血液のpHを保つために骨からカルシウムが溶け出します。その結果、骨がもろくなったり、カルシウムが神経細胞内に溜まると、イライラや神経過敏を引き起こします。いつもイライラしたり、突然キレる人が増えている背景には、リン酸塩の過剰摂取があると言われています。

リン酸塩はカルシウム以外のミネラル(微量元素)の吸収も阻害します。特に亜鉛を体外に排出する作用が強いようです。亜鉛は脳が正常に働くために必要不可欠なミネラルで、亜鉛不足もキレる原因のひとつと言われています。

しかし、食品メーカーのリン酸塩隠しも巧妙になっています。pH調整剤として使用することもその一例ですが、ここ数年増えてきてるのは、調味料(アミノ酸等)の中にリン酸塩を混ぜて使用する方法です。一般的に、「調味料(アミノ酸等)」と食品表示があれば、グルタミン酸ナトリウムなど複数の化学調味料が含まれていますが、最近はこれにリン酸塩を加えることが多くなっているのです。

リン酸塩は、ほとんどのハムやソーセージにも使われているので、リン酸塩不使用の食肉加工製品を見つけるのは難しいので、多少手間暇かかっても、肉を買って自分で調理したほうが、健康にはいいと思います。



………………………………………………………………………………………………………..
整体なら川越の…ヒロ自然療法院で体調不良解消!
■Tel/049-223-2017
■所在地:埼玉県川越市末広町3-10-2ファミール末広201
………………………………………………………………………………………………………

食生活について

Posted by desk@toiee.jp