足を使った女性の健康法

東洋医学では“足の裏を第二の心臓”と呼ぶほど、さまざまなツボが集中しています。女性に関係する足裏や足首まわりにある主なツボとしては、次の2つが挙げられます。

●内くるぶしとアキレス腱の間にある太谿(たいけい)。
●ふくらはぎにあり、足の内くるぶしから指4本分上にある三陰交(さんいんこう)。

いずれも足首まわりにあり、足首が冷えて凝り固まっていたり、足首が柔軟に動かない状態だと、その周辺の血流も滞っていると思ってください。

このツボを、指で1~2分ほど、軽めに押すだけでも、効果が期待できます。あまりギューギューと強い力で押す必要はありません。

足首まわりが女性には特に重要です。足は生殖器に深い関係があります。特に足首は女性の場合卵巣に直結しています。足首がやわらかい状態で、血液が巡っていることが大切です。冷えによって足首が固くなってしまうと、卵巣の働きも悪くなってしまい、生理痛の悪化や不妊にも影響を与えてしまう可能性があるのです。

足首を回すマッサージもおすすめです。椅子に座った状態で、片方の足を別の足の太腿の上に乗せて、爪先を軽くつかんで、グルグルと回しましょう。

あたたかい靴下などで、足の指先はもちろんのこと、足首まわりもあたたかくガードしましょう。寒い季節には、足湯や風呂上がりなどに足首をぐるぐると回して、柔軟にしておくと良いです。爪先も大事ですが、足首も冷やさないようにしましょう。


生理痛・生理不順の原因と解消法

2015-01-27ボディケアについて

Posted by desk@toiee.jp