怠け者の言い訳!?

何か一つのことに集中し続けられるのは、努力というより性質や性格のような気がすることがあります。
「何かをしていないと気がすまない」というのは、自己充足感とでも言うようなものが不足しているからと考えることもできると思います。

どちらも、(社会的に評価されるような)何事かを成し遂げるには、必要な気質であることは確かでしょう。
それを自分自身に当てはめて考えると、極度に集中力があるほうではないが、ある程度の集中力はあると思っています。

何かをしていないと、ひと時も落ち着かないというわけではないし、一人でぼーっとリラックスしているのは結構好きです。かといって、何となくダラダラ時間が過ぎていくに任せているのは、人生を無駄にしているような気がします。 だから、僕の気質は、それらの中間に位置するような気がします。

世間的には、人に影響を与えるような何事かを成し、経済的にも金をより多く稼げる人が社会的には評価されます。 逆に、ぼんやりダラダラ生きている人は、他人に迷惑などをかけなくても、批判されたり、最近では負け犬と言われたりもする世の中です。

ちょっと皮肉な言い方をすれば、何事かを成しとげるような人たちは、何事かをせずには居られない、じっとしてただこの世に存在しているだけでは、自己充足(充実)感覚が得られない人たちなのだから、別に偉いとか立派とかいうのとは、本当は違うのかも知れません。

自分自身の本質を評価してくれる人というのは、 「ただこの世に存在してくれているだけでいい」 と言ってくれる人のことだと思います。

でも、大抵は、何なにをしたから偉いとか外見が美しいから好きだとか、優しくしてくれるから一緒にいたいだとか、何かしら自分が得るものや、相手がしたことに対する評価に基づき、相手の存在そのものを評価した気になっているのかも知れません。

生きる上で大切なことは、持って生まれた気質や特質に逆らわずにそれを活かして、自然や周囲と一体化して適応してたんたんと最後まで生き抜くことではないかと思います。

何かをするとかいうことは、生きる目的を自分なりに設定しないと生きてゆけない人たちが作り出した方便で、存在論的に言えば、二次的な問題のような気がしないでもありません。



………………………………………………………………………………………………………..
整体なら川越の…ヒロ自然療法院で体調不良解消!
■Tel/049-223-2017
■所在地:埼玉県川越市末広町3-10-2ファミール末広201
………………………………………………………………………………………………………

2014-11-10世界観・人生観

Posted by desk@toiee.jp