カロリーは無意味?!

食物のカロリーの測定法は、1883年にルブネルという科学者 が考案した方法が現在も使われています。

計算式は、 [食物の熱量]=[食物を空気中で燃やして発生した熱量]- [同量の食物を食べて出た排泄物を燃やして発生した熱量]  これをさまざまな食物や各栄養素ごとに測定します。

具体的には、ボンブ熱量計(カロリーメーター)という機器のな かに、食品(乾燥させてある)と酸素を入れ、電熱線に電気を通 して熱して燃やし、容器内の温度の上昇を測定し、それを熱量に 換算することで、カロリー数を測定します(1カロリーとは 水1グラムの温度を1℃上げるのに必要なエネルギー)。

しかしこの測定法で食品の本当の熱量が測れるか疑問があります。 人の体温は最高でも40℃であり、この温度では、脂肪も炭水化 物も「燃焼」しません。

つまり、人体内部で食物が「燃えて」い るわけではないのです。そもそも、細胞内の代謝と大気中の燃焼 はまったく別の現象です。

食物に含まれるカロリー数以上のエネルギーを食物から得ている 動物は沢山います。牝牛は、牧草を食べて成長し、500kgを超 す巨体となり、毎日大量の牛乳を分泌します。ウシは反芻動物で あり、植物食に最高度に適応した哺乳類で、葉や茎のみを食べて 生命を維持できるです。

植物細胞の成分をみると70 %が水分であり、水分をのぞいた 30%のうちの3分の1~2分の1は、セルロースが占めています。 つまり、ウシの食事の成分の多くはセルロースなのです。

ところが、ウシはセルロースを消化も吸収もできないのです! 消化・吸収できないということは、摂取カロリー・ゼロというこ とになります。しかしウシ(牝牛)は成長し、牛乳を分泌します。

これはエネルギー保存則に反すると思います。 この謎を解く鍵は、共生微生物(細菌と原生動物)なのです。 ウシの消化管内に大量に存在する共生微生物が、セルロースを 分解して栄養を作り出し、宿主のウシはそれを受け取って成長 しているのです。

つまり、ウシが食べる牧草は、ウシ自身のた めではなく、共生微生物のためのものとも言えます。

ウシは4つの胃を持っています。最初の3つの胃には多種類の 膨大な微生物が住み着いており、セルロースの分解をおこなっ ています。

4番目の胃で胃酸を分泌し、共生微生物の体も分解 し、共生微生物が産出したアミノ酸や脂肪酸と一緒に吸収します。

ウシ自身にとっては栄養価ゼロに近い牧草が、共生微生物によっ て栄養の固まりに変身するのです。それを栄養分とするから、 ウシは巨体となり、大量の牛乳を分泌できるのです。

人の消化管にも同様の仕組みがあります。下部消化管(大腸)には、 数百種類、100兆個の腸内細菌が生息しているのです。

人の体細 胞の数がおよそ60兆個だから、数の上では体細胞より腸内細菌の ほうがはるかに多いのです。

人の糞便の重量の半分以上は腸内細菌であり、これは「食物のカロ リー測定法」([食物の熱量]=[食物を空気中で燃やして発生した熱量] -[同量の食物を食べて出た排泄物を燃やして発生した熱量])が、 最初の前提から間違っていることがわかります。

糞便の半分以上が、食物と無関係の腸内細菌なのだから、いくら精密 に発生熱量を測定したところで、正確な値が得られるわけがないのです。

このように、現実の生物の消化活動とは異なった考え方で算出したカロ リーという数字を指標として食生活を論じても、あまり意味がないとい うことになります。



………………………………………………………………………………………………………..
整体なら川越の…ヒロ自然療法院で体調不良解消!
■Tel/049-223-2017
■所在地:埼玉県川越市末広町3-10-2ファミール末広201
……………………………………………………………………………………………………….

食生活について

Posted by desk@toiee.jp