死の瞬間は最高のエクスタシー!?

最近、自分が歳を取ったせいか(50代も半ば過ぎました)、親の人生が最終局面を迎えているためか、死について考えることがあります。

死は人生最大で最期のイベントと言えますが、最も恐ろしく人を不安にさせる出来事でもあります。

しかし、医学的に死を観ると、死の瞬間というのは、最高の快感、エクスタシー現象だそうです。

最高の快感の中で死を迎えることができる。

そう考えると、不安と恐怖のイメージの中にあった「死」というものが、逆に待ち遠しいような気すらしてきます。

死は救いなのかも知れません。

死の瞬間がなぜ最高のエクスタシーかというと、脳から分泌される快感物質が、死の瞬間に全て放出され、通常の状態の何十倍もの快感を感じるからだそうです。

その前の、何分か、あるいは数秒かも知れませんが、息がうまくできなくなって苦しいとかあるでしょうけど、それを過ぎれば最高に気持ちいい状態で、永遠に向かって旅立つことができるのだそうです。

だから、どんなに苦しいことがあっても、どんなに悲惨で惨めな思いをすることがあっても、最期は、少なくとも感覚的には、最高の状態を経験できるのだから、あまり悲観的になることはありません。

遅かれ早かれ誰にでも訪れる、人生の最期にやってくる「死」を、もっと明るいイメージにしてみると、人生が軽く明るく楽しく感じられるようになるのかも知れませんね。


………………………………………………………………………………………………………..
整体なら川越の…ヒロ自然療法院で体調不良解消!
■Tel/049-223-2017
■所在地:埼玉県川越市末広町3-10-2ファミール末広201
……………………………………………………………………………………………………….

世界観・人生観

Posted by desk@toiee.jp