ドイツの自然療法士

ドイツではセラピーと名のつくものはすべて治療行為に当たるため、医師の資格か自然療法士の資格がないと治療はできない。 アロマ、リフレクソロジー、指圧、鍼、ホメオパシー等も自然療法士の資格が必要。マッサージ等は、健康な人が対象とみなされ美容と健康促進が目的であるため、公的な資格は不要だ。

(ドイツの)自然療法士の資格試験のための勉強では、西洋医学を根本的に学ぶ。 西洋医学の知識なしにして自然療法を施してはならないという取り決めだから。 患者を危険にさらさないために、西洋医学を学ぶということ。

自然療法士を訪れる患者は、一般の医療機関では治らない慢性的疾患を抱えている人が多い。例えば肝炎などの潜伏期間の長い、しかも感染率の高い患者が訪れる可能性が高いため、しっかりと診断ができる知識を備えていなければならないということ。

当院(ヒロ自然療法院)では、明らかに病気と思われるクライアントが来院した場合は、医療機関の受診を勧める。その上で、当院の施術で改善が見込める場合は、施術を引き受けている。

医師の資格はないから、診断はできないので、診断は医療機関でしてもらうという意味もある。病院の治療で十分な改善が見込める場合は、無理に施術を勧めることはない。

整体師などは、医療関係の国家資格保有者から、無資格で危険な医療行為を行っている不埒な輩だと非難されることがある。それを解決する方法として、ドイツのように「自然療法師」という国家資格を設ける手がある。西洋医学と東洋医学、代替医療、心理療法、栄養学等の基本を学び、試験はその範囲で出す。

実際に施術、治療を行うための専門技術は、資格取得後に、セミナーや専門学校などで学ぶ。これは国家資格試験は不要とする。ドイツはこの方式だ。日本では、医師も柔道整復士も鍼灸、按摩師も、国家試験で実技はない。国が多様な専門技術を審査すると、画一的になり、技術力が低下する。

「自然療法士」として代替医療を行う治療家を、国が認めれば、代替医療の認知度と評価が高まり普及が進むはず。今の医療では、治療効果が上がらない慢性疾患も、治癒率が上がり、医療費の削減も可能になるはず。問題は、今の医療体制側(医師、製薬会社、保険会社、厚生官僚)の反対が予想されること。

医学知識の量と質が、治療効果と必ずしも結びつかないことは確かだが、整体師などで、医学知識が著しく乏しいと、クライアントの不審を招き、社会的評価も高まらないことも確か。病気の人を、改善の可能性に確信が持てないのに、営業的に施術を引き受ける原因の一つに、医学知識の不足があると思う。

治療的施術を行う手技療法家は、医療業界のアウトロー的存在だ。国による規制が無いため、手技的には自由度が高く、その結果、治療効果を上げる可能性も高いが、社会的評価が低いことも受け入れざるを得ない。柔道整復師や鍼灸師等の資格取得する手技療法家は、その点をジレンマを解決したいからだろう。


………………………………………………………………………………………………………..
整体なら川越の…ヒロ自然療法院で体調不良解消!
■Tel/049-223-2017
■所在地:埼玉県川越市末広町3-10-2ファミール末広201
……………………………………………………………………………………………………….

治療業界について

Posted by desk@toiee.jp