感情と症状の関係

怒りの感情が強すぎると肝と胆をいためる。
逆に、肝・胆を傷めると怒りっぽくなる。

喜びの感情が過ぎると、心・小腸をいため、
心・小腸が弱ると、必要以上に喜びの感情が出やすくなる。

憂いすぎると胃・脾をいため、
胃・脾が弱ると、憂いの感情が強くでる。

悲しみがすぎると肺・大腸が弱り、
肺・大腸が弱ると、逆に悲しみの感情が強く出る。

恐れの感情が強いと、腎・膀胱が弱り、
逆に腎・膀胱が弱ると恐れの感情が強く出る。

強い怒りは「気」が上がり、「気」を疏泄している「肝」に影響を及ぼし肝気が昇発し、そのため「血」が「気」に従って上逆するため、めまい、のぼせ、頭痛、目の充血、わき腹の痛み、耳鳴り、ひどいとショックなどの症状が現れる。

怒ったときに起こる一過性の高血圧、女性では月経不順、乳房の脹痛など。

喜びすぎることによって、「気」が緩み、血脈が弛緩し「心気」が四散してしまうために、四肢に力が入らない、気力が無くなる、注意力が散漫になるなどの症状が現れます。心神喪失に伴う心臓神経症や精神病など。

悲しみ、憂いが過ぎると肺気を消耗し、「気」が弱り、やる気がなくなる。その結果、息切れ、胸部苦悶感、四肢に力が入らない、怠惰になるなどの症状が現れます。自律神経失調症、咳や風邪が治りにくいなど。

思い続くことが多いと「気」が結して「脾(消化機能)」が傷つきます。そのために、飲食物が停滞し、食欲減退、消化不良、食後の胃のもたれ、胃部のつかえ、胸部苦悶、お腹が張るなどの症状が現れます。逆流性食道炎、ストレス性の胃十二指腸潰瘍、女性では異常子宮出血、月経停止など。

ひどく恐い思いをしたり、驚きが強いと「気」が大きく乱れ、「気」が下ってしまい「腎」を傷つける。「腎気」が下陥すると大小便の失禁や不安感が現れる。また「気」の乱れが強いと意向が定まらなくなり精神に混乱が生じ、不眠や精神失調が現れる。急速な老化現象や強度の不眠症など。


………………………………………………………………………………………………………..
整体なら川越の…ヒロ自然療法院で体調不良解消!
■Tel/049-223-2017
■所在地:埼玉県川越市末広町3-10-2ファミール末広201
……………………………………………………………………………………………………….

心と体の関係

Posted by desk@toiee.jp