汗をかこう!

汗は不潔なもの、臭いものと思われていて、できるだけ汗をかかないようにしている人も少なくないと思います。
暑いときは、体は汗をかいて蒸発させることで、熱を外に逃がし、体温を一定に保っています。汗をかかないと、体はオーバーヒートしてしまうのです。

汗をかけないと、体は自衛手段として代謝を抑制します。代謝の目的は、エネルギーを作ることですから、代謝が落ちると、エネルギー不足になり血行も悪くなり、細胞組織に酸素や栄養素が行き渡らなくなります。

こうして暑くてもあまり汗をかけない人の体は冷えてきます。代謝が落ちエネルギーが不足するということは、生命力が弱くなり、さまざまな病気にもかかりやすくなります。

若い女性に、温泉やホットヨガや岩盤浴が人気があるのは、健康回復のためにとてもいいことだと思います。

暑いときはちゃんと汗をかける健康な人の汗はあまり臭いません。さらさらしています。汗の元になる水分は血液から来るのですが、皮膚の表面に出る前に、体に必要なミネラルなどの成分の大部分は、血液に戻るようにできているからです。

暑いときはちゃんと汗をかいて体温を下げ、汗はタオルでちゃんと拭いておけば大丈夫です。まちがってもクーラーや扇風機で乾かそうなどと考えないことです。一気に体温が奪われ、体調を崩すもとになります。

健康的な汗をたっぷりかけば、夏バテ防止にもつながります。

汗腺を活性化する方法

健康回復法

Posted by desk@toiee.jp