痛みには体を守る目的が

痛みや熱が出ると、一刻も早く消したいと思うのは当然かもしれません。不快だし辛いですから。

でも、これは痛みや熱が悪いもので、それを消すことが治療であり、健康回復だと思い込まされているためでもあります。

背中全体が硬く腫れたようになっていても、それを感じない人もいるし、多少筋肉が硬くなっているだけで、コリを訴える人もいます。

感覚などの個人差はありますが、硬く腫れた筋肉の異常を感じない人の方が、体の状態が悪く、回復に時間がかかります。 異常を異常と感じられないほど、神経(感覚)が麻痺し鈍っているという観方もできます。

逆にちょっとした異常でも、痛みや違和感、コリなどとして知覚できる人は、悪い部分を悪いと認識できているので、回復も早いことが多いようです。

体が不調から回復する過程で、今まで痛みがなかった箇所が痛んできたり、痛みが一時的に増すことは、ごく普通にあることなので、心配はいりません。

何も起きないようにしたり、痛みや熱だけを消し去ることを目的にしていると、本質的な部分で体が回復していかないし、異常のある箇所を隠してしまうので、さらに悪化させることにつながります。

怪我をして痛みに耐えている人に言う気休めの言葉として「生きているから痛むんだ」というものがありますが、これは真理をついていると思います。

異常があるのに、痛みも感じない、熱も出なくなったら、もうお仕舞いということです。痛みを感じるから、体の防御反応が働くということもあるのです。

痛むことで異常個所があることを自覚することで、回復への欲求が生まれますし、治癒へのスタートも切れるわけです。


………………………………………………………………………………………………………..
整体なら川越の…ヒロ自然療法院で体調不良解消!
■Tel/049-223-2017
■所在地:埼玉県川越市末広町3-10-2ファミール末広201
……………………………………………………………………………………………………….

痛みについて

Posted by desk@toiee.jp