症状をこじらせる「治療」とは?

指圧やマッサージは、特別腕の良いマッサージ師にしてもらえば別ですが、ほとんどが慰リラクゼーション目的だと思います。

強く押され、しっかり揉まれることが効果と比例するという間違った思い込みがまだまだありますが、体の状態(特に筋肉)を良くするという意味では、逆効果になることが多いことは、体験者の話からも確かだと思います。

私も一時、マッサージやカイロプラクティックに通っていたことがありますが、次第に強い施術でないとやってもらった気がしなくなり、しまいには、腰痛治療で通っていたのが、腰痛が酷くなったので、怖くなりそれらの「治療」と止めたことがあります。

本当に腕にいいマッサージ師は、やわらかくさするだけで効き目が長続きしますが、ほとんどのマッサージは、強く揉み、しだいにより強い刺激でないと、満足できないようになります。ある種の刺激中毒のようなもので、その刺激の強さに反比例するように、コリは酷くなり慢性化していく例が多いようです。

一時しのぎの気休めを求めているならいいでしょうが、根本的に凝りや不調を解消したいなら、避けるにこしたことはありません。

人間の体は、強い力を加えるにつれて抵抗力がついてきます。一時的には効いたように感じても、回数を重ねる毎に力を強めなければ体が反応しなくなるのです。

それが継続すると、骨と筋肉に過大な力がかかりダメージが蓄積し、思いがけない障害が発生する危険すらあります。

治療する側はもちろんですが、受ける側も正しい知識が足りないようです。
原因を知らずにただ強く長時間揉むだけの「治療」では、すっかり治すなんて無理なのです。

●触られると痛い。
施術者の力加減が強すぎるのです。痛みを感じるほど刺激を受け続ければ、次回はさらに強い刺激でないと物足りなくなり、症状をこじされるだけで治ることはないでしょう。

●治療が長時間になる。
丁寧な治療院と誤解している人が多いですが、刺激の時間を強くしないと、患者さんが満足しなくなっているからです。的確なポイントに効果的な刺激をやわらかくできる人の治療は、早く終わるものです。

●ずーっと触られ続けている。
次々に刺激が続くと、たとえ効果的な刺激でも体に浸透していきません。治療には、体が刺激を受けいれるための「間」が大切なのです。

●器具・道具を使った強い刺激(治療)。
牽引や電気による治療は、刺激が強くなりがちです。原因を取り除くわけではないので、治療効果はご存知の通り、あまり上がりません。

●いつまでも通わせる。
治療ではなく慰安(リラクゼーション)の治療だと、いつまでも通わせます。その割には治りません。

これらに当てはまる治療は、真剣に体調を良くしたいなら、体を壊されたくないなら、避けたほうが無難だと思います。


………………………………………………………………………………………………………..
整体なら川越の…ヒロ自然療法院で体調不良解消!
■Tel/049-223-2017
■所在地:埼玉県川越市末広町3-10-2ファミール末広201
……………………………………………………………………………………………………….

治療法について

Posted by desk@toiee.jp