治療を途中で止めた人の場合

30代後半の男性。

10年以上前に腰痛で整形外科を受診し、MRI検査で腰椎の椎間板がつぶれていると診断された方がいました。

治療はブロック注射(神経伝導路に局所麻酔剤を注入し、痛みの伝達を止める治療法)をしたとのこと。

その後も、腰痛が完全に治ったわけではなく、ゴルフのときに痛んだりするとのことでした。

初診時から3ヶ月ほど前に引越しをしてぎっくり腰になり、治りきらないうちにスポーツジムでトレーニングしたり、ゴルフをして、さらに酷くなり、整形外科に行っても治らないので来院されたようです。

初診時には、直立した状態では、痛みはないものの、前屈(前に上半身を曲げること)も後屈(体を反らすこと)もできず、左右に倒しても痛みが増す状態で、骨盤の中心部と左の臀部にしびれがある状態でした。

体が冷えていて、筋肉が硬く、骨盤の歪みから背骨が左に曲がり、垂直に立てず、左肩がかなり下がった姿でした。

骨盤が歪むと、上半身でバランスを取るので、肩が下がってきます。それと連動して、腕に負担がかかり上腕部に痛みが出ることもあります。腕だから腰とは関係ないようですが、実際は、腰から下肢、上半身、腕、さらには首、頭部へまで影響が及ぶことは珍しくありません。

状態が良くないし表情も鬱積したような重い感じだったので、最初のうちは週に2度ほどのペースでの施術が必要と検査で出たのですが、仕事の関係で週に1回のペースが限度とのことでした。

途中、用事があるということで2週間間隔が空いたり、仕事で引越しの手伝いを5時間もしたりと、体が良くなることより、仕事優先の方でした。

仕事で引越しの手伝いをして、痛みが激しくなり来院されたときには、施術後に痛みは軽くなり、その次の施術後には、後ろに反らせても痛みが出なくなったのですが(以前は、痛むことへの恐れもあって、まったく反らせない状態でした)、始めて来られたときと比べてどうか?と聞くと、全く状態は変わらないと言われました。

体が冷えていると、当然筋肉も硬くなり緊張してきます。筋肉が緊張しているだけも痛みは発生するので、足湯を勧めたのですが、やはり仕事と生活パターンを理由に、していただけませんでした。

この方は、施術後に痛みが少しでも増すことに対して、かなり否定的に考えており、治癒の過程で血流が改善したり神経伝達が改善されたりして起こる一時的なものだと説明しても納得されないようでした。

また、私の施術が非常にソフトである意味シンプルなので、この程度の治療で長年の辛い腰痛に有効なのか不安と疑問を抱えていることは、雰囲気から伝わってきました。

最後(6回目)に来られたとき施術前に状態を聞くと、歩いても痛い、状態は全く変わらないと言われました(実際は20センチほども段差のあるところを知らずに足を踏み出したときに痛みが走った程度のことでしたが)。以前聞いたときには、歩くのは大丈夫とのことだったので、治療のために歩くといいと伝えたのですが、通勤以外では全く歩いていないようでした。

アドバイスした足湯(1日20~30分)、散歩(30分程度)もしていただけない、改善してもそれを認めようとしない、施術がソフトなので、効果が無いと思っているふしがある(もっと強く押したりする施術の方が効果があるのでは?と質問されたので)。

それでも、初診時には左側の腰部がふくらみ、右が凹んでいたのが左右ほぼ均等になり、上体の傾きも修正されてきていたので、あと5回ほど通院していただければ、ある程度満足できるレベルまで改善するはずだとは伝えましたが、上記のような状態では、こちらも責任を持って断言はできなかったので、お互い納得の上、治療は中止ということにしたケースです。

治療は治療家と患者さんの協同作業です。治療家や医師に任せたのだから、治せないのは治療家のせいで、自分には原因はないと考えている人だと、いくらこちらが全力で施術して親身にアドバイスしても、治療効果はなかなか上がらない、遅々として進まないのは当然のことです。


………………………………………………………………………………………………………..
整体なら川越の…ヒロ自然療法院で体調不良解消!
■Tel/049-223-2017
■所在地:埼玉県川越市末広町3-10-2ファミール末広201
……………………………………………………………………………………………………….

施術について

Posted by desk@toiee.jp