スピリチュアル・セラピーについて

スピリチュアル系のセラピーをしてる人の施術を受けてみたことがあります。その時の体験から僕が特定宗派の熱心な信者やスピリクアル信者のような人たちが苦手な理由がわかりました。

彼らの多くは、自分で教義や思想、世界観などを考え・検証し判断することなしに、鵜呑みにしたものを他者に、それが絶対の真理であると押し付けようとするからだと思いました。

その教義や世界観、セラピーなら方法論で理解できない部分を質問しても、自分で考えた末に納得して信じてるわけでないから、ちゃんと説明できない人が多いような気がします。

「教義」に疑問をはさむと、人に対する不信感があるからと言われたことがあります。そんなことないというと、潜在意識ではそうだと、合理的には検証できない理屈を持ち出されました。

彼らの言うことで納得できる事もありますし、精神世界と呼ばれてた頃から、スピリチュアルなことには関心を持っています。

質問や疑問を厭う態度では、何でも鵜呑みにして平気でいられる人しか寄って来ないだろうし、スピリチュアル系のヒーリングでも、ある種の宗教といってもいいだろうと思います。特定宗派には属したくないが、自分で考え判断することをしたくない人たちの心の拠り所としてスピリチュアルが存在してると言ったら、言い過ぎでしょうか?

宗教的なヒーリング(スピ系や神道系など)の治療効果は、信じた人や鵜呑みで受け入れた人には効果を発揮すると思いますが、最低限の責任として、こういう方法で理屈はわからないが、この症状にはこんな効果があるという事前の説明は必要不可欠のはずです。その説明なしにいきなり施術したり、とても一般的とは言えない方法論や考え方なのに、疑問点を聞かれるのも厭うなら宗教と同じではないでしょうか?

せっかくスピリチュアルの方法論でセラピーをしてもらったのですが、頼んでもいないのに自分の性格や潜在意識、前世まで持ち出されて自分の行動パターンを問題視されるのは、土足で体内に踏み込まれたようで不快でした。

改善が進まないクライアントさんに、「こういう心理的傾向があるようですね」と、僕も言いそうになることがありますが、相手がそうだという断定口調は避けなければと思いました。

あまりよく知らない人から、自分の性格診断や潜在意識のことまで言われるのは、気持ちのいいことではないことがよくわかった体験でした。


………………………………………………………………………………………………………..
整体なら川越の…ヒロ自然療法院で体調不良解消!
■Tel/049-223-2017
■所在地:埼玉県川越市末広町3-10-2ファミール末広201
……………………………………………………………………………………………………….