砂糖の取りすぎに注意!

人間の体は、基本的に弱アルカリ性です。そのため、酸性食品が大量に体内に入ると 中和するために体内のミネラル分が使われます。この時、最も多く消費されるのが”カルシウム”なのです。

体内では血液の状態を中性に維持しようと、アルカリ性のカルシウムイオンが動員されます。砂糖の過剰摂取によって、体内のカルシウムは骨を作るのに使われず、体外に排出されてしまいます。

アルカリ性反応を示すカリウム,マグネシウム,カルシウムなどのミネラルが多く含まれている食品(野菜、果物、海藻など)はアルカリ性食品です。米や麦のような殼物、肉や魚のような動物性食品は酸性食品です。

精製された白砂糖は強い酸性食品です。白砂糖は、カルシウムがほとんど含まれていないので、 必要なカルシウムは体内の骨や歯を溶かして供給されます。これが甘いものを摂ると虫歯になったり骨が弱くなる理由です。

甘い物好きの女性が多いですが、長期に渡る砂糖の過剰摂取で、カルシウムが骨から抜き取られ、骨粗鬆症に成りやすくなっている可能性は、否定できないと思われます。



………………………………………………………………………………………………………..
整体なら川越の…ヒロ自然療法院で体調不良解消!
■Tel/049-223-2017
■所在地:埼玉県川越市末広町3-10-2ファミール末広201
……………………………………………………………………………………………………….

食生活について

Posted by desk@toiee.jp