病気が治るとは?

人も含めた生物は、自らの内側にある生命力で生きています。生物の肉体=身体は、体が活動できるように、一定の状態を保つ働きがあります。これをホメオスタシス(恒常性維持機能)と呼びます。

健康を保つのは、生物が持っている自然治癒力とホメオスタシスのおかげです。病気になれば病院に行って、医者に治してもらえばいいと思っている人は、少なくないと思いますが、医者に治してもらっているように見えても、自分自身の内側にある生命力(自然治癒力、ホメオスタシス)によって、治るのです。

生きる根本に、生きたい!健康でいたい!何かしたい!という欲求が無ければ、健康維持や病気からの回復は難しいでしょう。

自分が病気になったら、今までの生き方、考え方、体の使い方、生活習慣、人間関係まで考えてて、なぜ病気になったのか、自分で原因を究明することが大切です。

生まれつき身体機能に欠陥があったり、極端に病弱だったり、事故にあったり、行動や生活習慣を他者から強制されたり、他人から虐待や暴力をふるわれた場合を別にすれば、自分の体調不良や病気は、自分の責任です。

病気になったら、原因を考えて、生活習慣や体の使い方、考え方を改めれば、自然に回復していきます。

それをしないで、すぐ病院に駆け込んだり、薬局で薬を買ったりするのは、本末転倒と言ってもいいと思います。

病院の治療、整体の施術も同様ですが、早く治したから上手、時間がかかったから下手ということでもありません。
治療にかかった時間の長さだけで、治療の良し悪しは判断できません。

いくら短時間で治っても、すぐ再発するようでは、ちゃんと治ったとは言えません。症状が解消しただけでは、治ったと言えない場合もあります。

本当に治ったと言える状態は、自分の内にある、生命力、自然治癒力が発揮されて、体が根本からいい状態になったときはじめて、治ったと言えるのです。

薬や手術など医療技術の力で、症状が消えたように見えても、体の自らの力が発揮されてない状態では、単に症状を抑えているだけで、治ったとは言えません。手術で患部を切り取って症状が消えたとしても、同様だと思います。



………………………………………………………………………………………………………..
整体なら川越の…ヒロ自然療法院で体調不良解消!
■Tel/049-223-2017
■所在地:埼玉県川越市末広町3-10-2ファミール末広201
……………………………………………………………………………………………………….