全ては関係性の内に…

優れた歌手の歌は、リスナーの感情のメディア、触媒になれる人dと思います。そんな歌手の歌を聴くことで、さまざまな想いが呼び出されてきて、驚きと感動を同時に味わうことがあります。

優れた手技療法家は、受け手の体と潜在意識にアクセスできる人です。体が心が魂が何を求めているのか?それを察知して、欠けた部分に手技や想いで埋め合わせするのです。

歌も曲も絵も、そして手技も、奏者、操者、作者とそれを受け取る受け手が必要です。どちらが欠けても、作品として、行為として成立しないのです。操者と受け手の協同作業の中に全てはあるのです。

この世の全て、少なくとも、生命体の存在全ては、関係性の中にあります。関係性の内にしか物事は存在しないし存在できないのです。相互関係、相互作用。これがこの宇宙が存在する唯一の力、パワーなのだと思います。

だから、何事も何人に対しても、一方的という態度は、関係を壊す方向にしか作用しません。表面的には関係が続いているように見えても、一方通行の関係など、無意味です。一時的に相手の特性を利用しているだけのことだからです。そんなものは、少なくとも、生命体同士の関係ではありません。

20代の頃、成りたかったのはシャーマンです。呪術師。今は整体師として社会に居場所を得ています。30代の頃は、画家、版画家になりたかったのですが、成り損ねました。

今は、体と心そして魂が傷ついている人、弱っている人を、本質的な意味で癒す人になりたいです。それがシャーマンだと思うからかも知れません。成り損ねた画家も、仕事として成立している整体師も、その過程なのかもしれないと思うことがあります。

人の心が奥底の心理が伝わってくることがあります。でも、それが怖いことも…。だから知らん振りするのです。人の心がわからない振りをする。

敏感すぎると、とかくこの世は生きづらいことが多いからです。若い頃は、人の思惑や心の状態を、半ば無意識に無視してたような気がします。利己的だったのです。でも、決して自分は鈍感ではなかった。そのことを、思い出しました。

全てが関係性の中に存在すると言っても、自分の本気や本音を出すことを怖れてはいけません。世間や他人との釣り合いや従来の関係ばかりに配慮し遠慮してると、自分の力を出し切れずに、後悔のうちに人生は終わってしまうでしょう。

それは、この世に生を受けた選ばれた存在としては怠慢だと思います。浮くことを怖れてはいけない。力を出し切れば穏やかな終末を迎えられる。

関係性を大切にすることと、自分に贈られた力、能力を活かしきること、他者のために。両方を実現することはカンタンではありませんが、それが人に与えられた生きるテーマであり使命ではないでしょうか?


………………………………………………………………………………………………………..
整体なら川越の…ヒロ自然療法院で体調不良解消!
■Tel/049-223-2017
■所在地:埼玉県川越市末広町3-10-2ファミール末広201
……………………………………………………………………………………………………….

世界観・人生観

Posted by desk@toiee.jp