薬大国日本!

世界的にみると、日本人は薬好きな国民と言えるようです。

日本の人口は比率で言えば世界の人口の2%にしか過ぎないのに、日本の薬の使用量は世界の薬の30%を占めています。 世界の医薬品市場規模は、約80兆円(2006年) 日本の医薬品市場規模は、約 7兆円(2004年)になります。

インフルエンザ薬のタミフルの世界総使用量の70~80%を、日本一国で消費しているそうです。薬全体でみても、日本は一人平均で世界最多の医薬品の消費国であることは、上記の統計で出ています。しかし、これだけ大量に薬を服用した結果、日本人は健康になったのでしょうか?

「調子が悪くなったら、まずは薬を」と思ってる人は、医師や製薬会社のCMの洗脳されていると思ったほうが良さそうです。

個人的印象では、意外にも薬剤師は必要最小限しか薬を飲んでないようです。医師も患者に処方するほどは飲んでないそうです。でも、看護師は薬依存の人が少なくないという印象ですが。

もちろん、緊急の時など、薬で命が救われることもありますし、薬で症状が緩和して楽になることはあります。必要な薬はあるのです。

でも、薬の正体が毒物だということを知ってる人は、薬服用は少なめで、必要最小限の薬を一時的に服用することが多いようです。

ちなみに、毒物劇物取扱責任者(毒物劇物を安全に取り扱うために必要な資格者です)は、薬剤師であれば、取得できます。


………………………………………………………………………………………………………..
整体なら川越の…ヒロ自然療法院で体調不良解消!
■Tel/049-223-2017
■所在地:埼玉県川越市末広町3-10-2ファミール末広201
……………………………………………………………………………………………………….

Posted by desk@toiee.jp