風邪は体の調整機能

癌や脳溢血になった人の多くは、ある時期から突然風邪をひかなくなっているようです。うちの父は肺がんで亡くなりましたが、死ぬ2年ほど前から風邪をひかなくなりました。でも、亡くなる1年ほど前から、咳き込むようになりました。母が「お父さんは、ここ数年風邪もひかないくらい元気そうだけど…」と言ってたのをおぼえてます。ある程度体力が無いと、風邪などの症状を出せないとも言えると思います。

でも、このように体が鈍くなっている人も風邪をひき上手にやり過ごすと、鈍かった身体が敏感になり自然治癒力が回復してきます。

「整体」の創始者とも呼ばれる野口晴哉先生が、その辺のことをわかりやすく言ってるのが著書になってますので、ご紹介します。


「癌になる人とか脳溢血になる人とかいうのを丁寧に見ると皆、共通して風邪も引かないという人が多い。 長生きしているしている人を見ると、絶えず風邪を引いたり、 寒くなると急に鼻水が出るというような、いわゆる病み抜いたという人である。」(『風邪の効用』野口晴哉著・全生社・P.21)

「脳溢血などをやる人を見るとそういう冷水摩擦組というのが非常に多い。冷水摩擦に限らず、体や心を硬張らせ鈍らせた為という人が多い。 肩が凝るとか首が凝るとかという事を感じている内は倒れないけれども、 そういうのを感じなくなるとパタッと行く」(『風邪の効用』野口晴哉著・全生社)

「いろいろな病気を治す方法よりは、風邪を上手に経過する生活法と云いますか、それを会得しておけば、癌になるとか、脳溢血になるとか、そういう麻痺した体も正すことが出来る。従ってそういうような病気にならないで済む。」(『風邪の効用』野口晴哉著・全生社)


………………………………………………………………………………………………………..
整体なら川越の…ヒロ自然療法院で体調不良解消!
■Tel/049-223-2017
■所在地:埼玉県川越市末広町3-10-2ファミール末広201
……………………………………………………………………………………………………….