体調の異変…

首の前面、鎖骨の上辺りが腫れてる人がたまにいる。位置的には甲状腺がある部分だ。以前はそんな人がいた記憶は、ほとんどない。福島第一原発の事故直後はもちろん大量に放出され、いまだに放射能が出てるから、関東も放射能汚染されてることは確か。その影響ではないかと思ってる。

知り合いにも、昼間やたら眠いという人がいた。私もとにかく眠くてしょうがなかった時期があった。滑舌が悪くなってた時期もある。今まで難なくできてた暗算ができなくなったり、物忘れがひどいと感じることも。もちろん年齢的な要因はあるはずだが、放射線被曝で脳障害が起きると知ると心配にはなる。

知り合いに、ぶつけた記憶がないのに、大腿部やふくらはぎなどに青あざ(内出血)ができてた人がいた。母は80代だが、ぶつけてもいないのに、大きな内出血のあざがふくらはぎや脛にできていた。年齢のせいだとは思うが、放射能被曝の影響ではと心配になる。2年前の夏ごろには、よく鼻血が出たし。

有名人の死亡は報道されるから目立つということはあるが、死亡記事が多い気がする。突然死も。知り合いからも、まだ30代の人が突然死んだとか、70代ではあるが、前日まで元気だった人が突然死んだとか聞くことがある。葬儀屋が繁盛してるとも聞くので、放射能による健康被害の可能性はあると思う。

私はもう今年で50代後半に入る。子供もいない。ある程度やりたいこと、できることはやってきたつもりでいる。命が惜しくないわけじゃないが、どうしても長生きしたいとかは思わない。一時、移住も考えたが、認知症の母を置いて遠くに行くことはできない。でも、このままでいいのかとは思う。
病気の原因は多種多様だ。放射能による発病があっても、厳密に因果関係を証明することはかなり難しい。でも、少子化の影響はあるが、人口減少が加速してるという。チェルノブイリ事故後のウクライナなどでは居住禁止にされてる以上のの汚染でも、日本では人が多数住んでいる。食品の検査も適当だ。
水道水などは計っているが、検出限界値を明示せず、おそらくかなり高い設定で計っておいて、検出されず(ND)と発表してるデータは多いはず。汚染と放射能の影響を可能な限り過小評価するという方針と意図は、政府、地方自治体、電力をはじめとする財界、経済界には、明らかにある。
原発事故で失われた豊かな国土をあまり問題視せず、当事者の責任追及もほとんどせず、尖閣とか竹島とか騒ぐのは、こっけいを通り越して、正気かと思う。一方で、16万人もの人々が、家も故郷を失い、避難生活、移住を余儀なくされてる事実は、多くの国民の意識にはのぼらない。
こんな状況で、原発再稼動、原発輸出、核燃料サイクル事業の継続を実施するなど、合理的な思考の結果とは到底思えない。人生の3分の2以上は生きたからあきらめもつくが、若い世代にとって、今のままでは、この国の暗い未来しか思い浮かばないと言ったら、悲観的過ぎるだろうか?
健康と生活を脅かす要素は、言うまでもなく放射能以外にも沢山ある。多種多様に。しかし、だからといって、それを無視していいはずがない。無視しても大丈夫だと思いたい気持ちはよくわかる。放射能は生活環境そのものに全て影響する。住んでる土地、家。呼吸してる空気、飲んでる水、農産物、畜産物、海産物。それらを原料にしてる食品と製品全てに影響を与える。
だから、本気で対処しようとすれば、生活が根底から覆される可能性が高い。目に見えず、匂いも感じず、すぐには目に見えるカタチでは影響はない、少なくともわかりづらい。無視するほうが楽なのだ。政府やマスコミに出る「専門家」もそう言ってるしと。
でも、後、数年で影響が、誰の目にも否定できないほど現れてからでは遅いことも確かだ。まずは、社会的立場や利害関係で発言している政治家や専門家の意見ではなく、自分で情報を集めて、利害の無い立場で公平に発言している人たちが発言してる情報を得ることだ。
原発事故からもうすぐ3年になる。もう遅いのかも知れないが…。


………………………………………………………………………………………………………..
整体なら川越の…ヒロ自然療法院で体調不良解消!
■Tel/049-223-2017
■所在地:埼玉県川越市末広町3-10-2ファミール末広201
……………………………………………………………………………………………………….

原発事故関連

Posted by desk@toiee.jp