現代医療は万能か?

ドイツの医科大学でガンの自然療法を行なっていたイセルス教授の言葉を紹介します。

「世界には2人の名医がいる。それは食欲不振と発熱だ」   

食欲不振と発熱は、体が自らを治そうとして起きる、自然治癒力の反応だという考え方です。

日本の人口は世界人口の2%にしか過ぎませんが、日本の薬の使用量は世界の薬の30%を占めています。インフルエンザ治療薬のタミフルについて言えば、実に70%が日本で消費されていますが、日本以外の国でインフルエンザが猛威をふるっているということはないようです。

医療先進国と言われるアメリカでも、国民の62%が一年間で代替医療を利用しています(アメリカ国立衛生研究所)。

内訳は、第1位「ヒーリング(祈り)」、第2位、サプリメントなどの栄養補助剤、次に瞑想・ヨガ、マッサージ、食事療法等。1人あたりの医療費も代替医療が西洋医療を超えたと言われています。

現代医学が万能ではない証ではないでしょうか?整体も含めて、代替療法が日本でももっと見直されるといいと思います。


………………………………………………………………………………………………………..
整体なら川越の…ヒロ自然療法院で体調不良解消!
■Tel/049-223-2017
■所在地:埼玉県川越市末広町3-10-2ファミール末広201
……………………………………………………………………………………………………….

医学・医療

Posted by 小林昌弘