子供を花粉症にしない為に

花粉症の季節が近づいてきました。春の杉花粉だけでなく、他の植物の花粉によって、秋まで花粉症に悩んでいる方もいらっしゃいます。

僕が子供の頃、40年以上前には、花粉症という言葉は一般的ではありませんでした。生活が都市化するとともに、花粉症の人が増えてきているのは確かのようです。

そこで、お子さんを花粉症にしないための注意点をご紹介します。

【子どもを花粉症にしないための9か条】

花粉症研究をしている理研横浜研究所の提案をご紹介します。
(1)生後早期にBCGを接種させる。

(2)幼児期からヨーグルトなど乳酸菌飲食物を摂取させる。

(3)小児期にはなるべく抗生物質を使わない。

(4)早期に託児所などに預け、細菌感染の機会を増やす。

(5)適度に不衛生な環境を維持する。

(6)猫、犬を家の中で飼育する。

(7)狭い家で、子だくさんの状態で育てる。

(8)農家で育てる。

(9)手や顔を洗う回数を少なくする。

清潔好きのママが聞いたら卒倒しそうな提案もありますし、実行が難しいこともありますが、要は、日常的に雑菌にさらし、正常に機能する免疫力を付けておくことが大切ということです。

僕は幸い花粉症ではありませんが、子供のころは、天気がよければ、学校から帰ると必ず外で遊び、泥遊びも経験し、家には猫がいて、兄弟は3人で、学校では裸足で、床に落ちた食べ物でも食べ、薬はめったに飲まずという生活をしていました。

人体には何十兆とも言われるほどの雑菌が住みついていて、身体機能の一部として役割を果たしています。無菌状態では、生きられないのです。

体質改善は整体で可能です!



………………………………………………………………………………………………………..
整体なら川越の…ヒロ自然療法院で体調不良解消!
■Tel/049-223-2017
■所在地:埼玉県川越市末広町3-10-2ファミール末広201
……………………………………………………………………………………………………….

花粉症について

Posted by 小林昌弘