腰痛の種類について

整体院と言えば腰痛というくらい、代表的な症状です。腰痛専門にしている接骨院や治療院もあるくらい、腰痛は広く普及しています。

でもひと言に「腰痛」といってもかなり種類があります。原因別、症状別、器質的(体の組織、器官)変化による分類によって、ざっと網羅しただけでも下記の「腰痛」があります。

・椎間板ヘルニア
・坐骨神経痛
・ギックリ腰
・腰痛症
・脊椎分離症
・すべり症
・変形性脊椎症
・脊柱管狭窄症
・妊娠中の腰痛
・椎間板性腰痛
・脊髄腫瘍

これ以外にも、内臓の不調や病気(腎臓結石などなど)でも、腰が痛むことがあります。

恥を忍んで書きますが、仕事として整体をはじめて間もない頃は、上記の全ての腰痛を知っていたわけではありません。全く聞いたこともない名前の腰痛もありました。

腰痛の種類について知らなくても、施術でかなりの人の腰痛を改善し解消してきましたが、中には腰部に原因があっても症状が出ているのが脚や足だったりお尻だったりした場合には、施術ポイントとして腰椎や骨盤を重視してなかったケースもあります。

やはりそんなケースは、多少改善するものの、一進一退を繰り返し、中には途中であきらめて来院されなくなった方もいらっしゃいました。

今思えば、あの症状の場合は、ここをもっとちゃんと診て施術していれば!という後悔があります。腰痛の種類と原因を知っていれば、施術ポイントや施術方法が、もっと素早くわかるはずです。

クライアントさんにご自分の腰の状態を聞かれても、ちゃんと答えられなかったり、どの部分をどう調整すれば、腰痛が解消するのか、正確に判断できず、施術効果がいまいちだったりした経験から、腰痛について勉強する必要を感じ勉強した成果を実際の施術で使ったりして、今では、かなり腰痛の原因と症状について理解できるようになり、安全で的確な施術で腰痛を解消できるようになりました。

いくら体が複雑でわからないことがまだまだ多くても、ある程度は症状(病気)は分類されており、体の状態(原因)別に現れる症状の種類と現れ方をパターン化できているので、病名を付ける「診断」がご法度の民間療法の施術家といえども、来院される方々の症状くらいは知識として知っておくのは、プロとしての最低限の心得だと思っています。

慢性化した腰痛を改善したい方へ!

ブログ

Posted by 小林昌弘