死ぬ間際に後悔しないために

誰にも起きる絶対に確実なこと、それは死です。死ぬ間際に後悔したくはありませんが、現時点で振り返っても、後悔することは沢山あります。

死を迎える人の緩和ケアに携わった、オーストラリアの Bronnie Ware さんによると、死の間際に人は人生を振り返るそうです。また、患者さんたちが語る後悔には、共通するものがとても多いということです。そのトップ5をご紹介します。人生を後悔で終えないために。
 
1. 「自分自身に忠実に生きれば良かった」

「他人に望まれるように」ではなく、「自分らしく生きれば良かった」という後悔。人生の終わりに、達成できなかった夢がたくさんあったことに患者たちは気づくそうです。本当にやりたかったことをしないでこの世を去らなければならないことに、人は強く無念を感じるのです。
 
2. 「あんなにがんばって働かなくても良かった」

多くの男性が後悔することだそうです。仕事よりもっと家族と一緒に過ごせば良かったと。

3. 「もっと自分の気持ちを表す勇気を持てばよかった」

多くの人は、他人と平和でいられるために、自分の感情を抑圧しています。その結果、ありきたりな存在で終わってしまったと無念さを感じるようです。
 
4. 「友人と関係を続けていれば良かった」

多くの人は、死ぬ間際の数週間前になってから、友人の本当の価値に気づくようです。
 
5. 「自分をもっと幸せにしてあげればよかった」

多くの人は、幸福は自分の選択にかかっていることを、死の間際まで気づかないそうです。古い習慣に囚われて変化を恐れているようです。


………………………………………………………………………………………………………..
整体なら川越の…ヒロ自然療法院で体調不良解消!
■Tel/049-223-2017
■所在地:埼玉県川越市末広町3-10-2ファミール末広201
……………………………………………………………………………………………………….

世界観・人生観

Posted by 小林昌弘