医療と整体

医療と整体などの民間療法の関係はと言えば、接骨院や鍼灸院などはある程度のつながりがあるようですが、あまりない、というのが実情のようです。

実際、病院や医師から紹介されて整体院に来る「患者さん」は、そこの整体院の院長が個人的に医師と付き合いがない限り、ほとんど無いように思います。

しかし、僕のところに来るクライアント(患者)は、整形外科や接骨院に最初に行って、両方行ったという人も少なくないです、治療効果が現れないから最後の頼みの綱みたいな感じで、ときにはダメ元で来られることがあります。

腰痛や診断のつかない体調不良、関節痛などは、僕の施術で解消することも珍しくはありません。というより、全く改善されないのは稀です。ただし、1回ではっきりと改善、快復しないと、ここもダメだとばかりに、来なくなる方もいるので、全ての方が改善、快復するとは言えないのですが、少なくとも、こちらが独自に検査した結果通りに(バランス・チェックと呼んでいます)、通院してもらえれば、何らかの良い方向への変化は感じてもらう自信はあります。

整体などを国家資格にしたいと考えている同業者や団体もありますが、僕は賛成ではありません。国家資格になり保険適用されるようになれば、来院数は確実に増えるでしょうが、会計が煩雑になるし、使える技も限られ、有効だった技も使えなくなるケースが出てくるのは確実だと思うからです。

確かに、国家資格でないと、玉石混交で良いものもあるがあまり効果の無いものも混ざりこんでいるのが現状だと思います。

しかし、マーケットの判断というか、クライアントの評価でダメなものが淘汰されることは十分にあるので、生き残っている手技や療法は、やはり何らかの効果があると判断しても、間違いとは言えないと思っています。

ただ、これが世の常ですが、必ずしも良い施術をやっている所が繁盛しているとは限らず、集客に長けているところや地域に協力なコネがあって繁盛しているところもあると思います。

整体などの仕事は、セラピスト(整体師)の人柄が、集客やリピート率を大きく左右しますが、僕が理想とし目指している整体院は、手技、施術が非常に効果があり、かつセラピストの人柄も良くて、メンテナンス施術での来院が多いところです。

実際の施術目的も、痛みや症状を取ってお仕舞いというより、生活改善や精神面での方向性も含めて、包括的かつ根本的に不調の原因を除去・改善し、健康な状態を永続的に維持するということなので、人格を磨き知恵を蓄え、信頼されるセラピストになる必要があります。

信頼感の持てない人の話を聞く人はいませんし、不信感があれば施術効果そのものも低くなります。

そう考えると、整体師という仕事は小手先、口先だけの対応ではやっていけないなと、つくづく思います。


………………………………………………………………………………………………………..
整体なら川越の…ヒロ自然療法院で体調不良解消!
■Tel/049-223-2017
■所在地:埼玉県川越市末広町3-10-2ファミール末広201
……………………………………………………………………………………………………….

整体について

Posted by 小林昌弘