総合感冒薬で風邪が治るの?

寒暖の差が激しく、天候が安定しないせいか、風邪をひいている人をちらほらみかけます。これから寒くなるといよいよ本格的な風邪の季節ですね。

風邪は約150種類のウイルスによりひきおこされる疾患です。かぜ薬や抗生物質を服用しても風邪が早く治ることはありません。医師が処方する薬も同じです。それどころか脳症(インフルエンザ脳症)、皮膚粘膜のただれ、そして尿閉など重篤な副作用をきたすことすらあるのです。

総合感冒薬(風邪薬)のCMが流れるシーズンですが、膨大な宣伝広告費をかける製薬会社は、厚労省などの大事な天下り先でもあります。風邪薬脳炎で乳幼児が死亡することがあっても、厚労省が規制するはずもありません。これが世の中の仕組みというものです。良いものだから一般に普及しているとは限らないということですね。

インフルエンザ脳炎は、世界的にみると日本と台湾の一部地域だけで発症しているのをご存知でしょうか?

欧米の医師が日本にしかない総合感冒薬が原因と指摘しています。無作為対照化試験の結果、総合感冒薬は治癒を遅らせることが判明しました。

毎年 100人の乳幼児が、インフルエンザ脳炎で死亡し、100人が重い後遺症を残しているのです。

風邪の諸症状である、咳や鼻水はウイルスを排泄し、発熱は、ウイルスを退治する白血球を活性化しウイルスの増殖を押さえます。

だから、症状を抑えない方が早く治るのです。

風邪をひいたら暖かくして寝ていれば治ります。風邪薬が売れるのは、風邪(病気)なのに働くのが当然という日本の習慣が原因ではないでしょうか?



………………………………………………………………………………………………………..
整体なら川越の…ヒロ自然療法院で体調不良解消!
■Tel/049-223-2017
■所在地:埼玉県川越市末広町3-10-2ファミール末広201
……………………………………………………………………………………………………….

Posted by 小林昌弘