腰痛と睡眠不足

腰痛の人を施術していて感じることのひとつに、睡眠不足があります。一見、腰痛と睡眠不足は関係ないと思われるかも知れませんが、実際にはかなり密接に関係しています。

●施術しても、結果が思わしくない場合。

●施術後に調子がよかったのに、数日後、来院されたときに腰痛再発された場合。

●ぎっくり腰の場合。

などに該当する人に、睡眠状況を尋ねると、多くの場合、睡眠が5時間を切っていたり、不規則だったりします。

睡眠を十分にとってないと、体の疲労が蓄積していくだけでなく、睡眠中の寝返りで、体が自発的かつ自然に骨格や筋肉の歪みを十分に修正することができず、歪みも蓄積していくことが考えられます。

腰痛以外の症状でも、睡眠不足がひとつの原因となっている場合が多いようです。睡眠中に成長ホルモンが分泌され、それで傷ついた細胞が修復されます。睡眠不足では、体の修復がちゃんとできないのです。もちろん、疲労も十分には回復せず、蓄積されていきます。

個人差はあります。短時間睡眠でも、眠りが深い人は、疲労回復がちゃんと行われているようです。

でも、一般的には、最低でも6時間、理想的には7時間くらいは、睡眠を確保したほうがいいと思います。

腰痛改善と体調回復のためには、7時間前後は熟睡することが必要です。


………………………………………………………………………………………………………..
腰痛解消なら川越の整体院…ヒロ自然療法院へ
■Tel/049-223-2017
■所在地:埼玉県川越市末広町3-10-2ファミール末広201
……………………………………………………………………………………………………….

腰痛について

Posted by desk@toiee.jp